更新日:2016年12月24日.全記事数:3,079件

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

NaSSAとSNRI、SSRIの違いは?


スポンサードリンク

トランスポーターと受容体

SSRI、SNRI、NaSSAは、いずれもシナプス間隙のセロトニンやノルアドレナリンを増やす。

しかし、SSRIやSNRIが神経細胞の再取り込みポンプを阻害するのに対し、NaSSAは受容体を阻害して薬理作用を発揮するところがユニーク。

NaSSAは、セロトニン神経やノルアドレナリン神経のα2アドレナリン受容体を阻害することで、セロトニンやノルアドレナリンの遊離を増大させる。

さらにNaSSAに唯一分類されるミルタザピン(リフレックス、レメロン)には、SSRIやSNRIで問題となる悪心・嘔吐や性機能障害を抑える作用もある。

というのも、セロトニンの受けてとなる5-HT受容体のうち、5-HT2、5HT-3受容体を刺激すると悪心・嘔吐や性機能障害が起こるが、ミルタザピンは5-HT2、5HT3受容体の阻害作用も持つので、こうした副作用が少ないのだ。

一方、ミルタザピンはヒスタミンH1受容体を阻害するので、傾眠の副作用が強い。

参考書籍:日経DI2013.2

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

薬剤師に役立つリンク集
薬剤師に役立つ書籍

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク