更新日:2017年1月22日.全記事数:3,124件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ジェムザールよりTS-1のほうが効く?


スポンサードリンク

飲む抗がん剤、生存率アップ…膵臓がん再発予防

飲む抗がん剤、生存率アップ…膵臓がん再発予防 医療ニュース yomiDr.-ヨミドクター(読売新聞)

 膵臓すいぞうがんの手術後、再発予防のために行う抗がん剤治療について、県立静岡がんセンターは23日、標準的に使われている抗がん剤より、消化器がんに広く使われている飲み薬・TS―1(ティーエスワン)のほうが生存率が上がるという臨床試験の結果を公表した。米国臨床腫瘍学会で発表される。

 同センターによると、この臨床試験は2007年4月~10年6月、全国33医療機関で、膵臓がんの切除手術を受けた患者385人を対象に実施。現在の標準治療に沿って塩酸ゲムシタビン(製品名ジェムザール)を点滴する患者と、TS―1を飲む患者に分け、状態を調べた。その結果、TS―1は2年生存率が70%で、塩酸ゲムシタビンの53%より17ポイント高かった。再発のない生存期間の目安となる「無再発生存期間中央値」は、塩酸ゲムシタビン11・2か月に対し、TS―1は23・2か月と1年長かった。

 副作用をみると、TS―1では、白血球数の減少があった患者が8・5%と、塩酸ゲムシタビンの39%より大幅に少なかった一方、食欲不振や下痢を起こす患者が見られた。

 膵臓がんは進行して見つかることが多く、手術で切除できるのは20~30%で、手術しても70%は2年以内に再発するとされる。TS―1は胃がんの標準的治療薬としても使われている。

(2013年1月23日 読売新聞)

併用した場合はどうなんだろう。

にしても、ジェムザールのほうが効くと思ってましたが。

重い副作用も多いし、内服のほうが簡単だし、TS-1のほうを第1選択にしたほうがよさそうな。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク