更新日:2015年10月22日.全記事数:3,137件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ダンピング症候群予防にペリアクチン?


スポンサードリンク

ダンピング症候群にペリアクチンが効く?

ダンピング症候群とは、胃の切除手術を受けた患者に現れる、食後のさまざまな全身症状と腹部症状のことです。

全身症状としては冷感、動悸、めまいなど、腹部症状としては腹鳴、腹痛、下痢などが発現します。
切除によって胃が小さくなり、食物が急速に小腸に排出されるようになることが原因で起こります。
症状が食後30分以内に現れるものを早期ダンピング、食事の2~3時間後に起こるものを後期ダンピングと呼びます。

早期ダンピングでは、胃から腸管に急激に食物が排出されることで、セロトニンやヒスタミンの過剰分泌が起こります。
患者の早期ダンピングの主な症状が、冷感・動悸・めまいといった全身症状の場合には、セロトニンやヒスタミンが原因であることが多いので、これらの遊離を少なくしたり、作用させないようにすることで改善が期待できます。

そこで抗ヒスタミン、抗セロトニン作用を持つシプロヘプタジン(ペリアクチン)が投与されます。

ダンピング症候群2つのタイプ

ダンピング症候群は、症状が表れるタイミングによって大きく2つに分かれる。
一つは、食事中から食後30分にかけて症状が表れる「早期ダンピング症候群」である。
これは、未消化で濃度の高い食物が十二指腸や小腸に急速に流入することが原因で起きる。

高濃度の食物が浸透圧で体液を奪い、神経性・体液性の過敏反応を引き起こすほか、循環血液量の減少や腸管運動の冗進、血管作動性の体液因子(セロトニン、ヒスタミン、ブラジキニン、カテコールアミンなど)の過剰産生といった適応不全を生じ、前述のような症状が表れる。
胃切除患者の20~45%に見られる。

もう一つは、食後2~3時間後に症状が表れるもので、「後期ダンピング症候群」と呼ばれる。
これは大量の糖分が急速に上部小腸に流れることに対して、インスリンが過剰に分泌される結果引き起こされる低血糖症状である。
発汗や脱力感、めまいなどが生じる。

ダンピング症候群の予防

ダンピング症候群の症状を改善するには、食事指導が重要である。
食事の量を小分けにして回数を増やし、時間を掛けて取ることが望ましい。
また、味の濃い物や炭水化物の量を減らし、高蛋白質・高脂質のメニューにする。

食物繊維には、急激な血糖上昇を防いだり、食物の移動時間を遅延させるなどの働きがある。
また、十二指腸以降への食物の急激な流入を避けるため、食事中の水分摂取は控え、胃部に滞留しやすい固形食を取るのが望ましい。
食後30分程度は上体を起こさず、横になるのも有効である。

食事指導でコントロールが難しい場合には、薬物療法が追加される。
早期ダンピング症候群には、抗ヒスタミン・抗ブラジキニン作用を持つホモクロルシクリジン塩酸塩(商品名ホモクロミン他)や抗ヒスタミン・抗セロトニン作用を持つシプロヘプタジン塩酸塩(ペリアクチン他)など、体液因子を遮断する薬剤が用いられる。

後期ダンピング症候群には、ボグリボース(ベイスン他)などのαグルコシダーゼ阻害薬などが処方される。
いずれも保険適用外である。

参考書籍:日経DI2014.4

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク