更新日:2017年1月31日.全記事数:3,117件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

前頭側頭型認知症とアルツハイマー型認知症の違いは?


スポンサードリンク

前頭側頭型認知症

前頭側頭型認知症(FTD)は、前頭・側頭葉に主たる病変がある変性性の認知症疾患で、多くは65歳以下で発症し、人格変化や行動異常、社会や自己に対する関心の低下、遂行機能障害、脱抑制などを主症状とする疾患である。

60歳以下の若年性認知症疾患ではアルツハイマー病(AD)に次いで多い。

FTDには、側頭葉優位の変性を示し、失語症状を示す一群が含まれていなかったため、前頭葉と側頭葉の変性が主たる病変の、より包括的な概念として、前頭側頭葉変性症(FTLD)が提唱された。

このなかにFTD、進行性非流暢性失語症(PNFA)、意味性認知症(SD)の3つの臨床症候群が含まれる。

前頭側頭型認知症の症状

FTDでは、ADの中核症状の一つである記憶障害は少なく、周辺症状(認知症の行動・心理症状、BPSD)と称されるさまざまな精神症状や行動異常がむしろ中核的診断特徴として診断基準にも取り上げられている。

FTDで中核的診断特徴とされる臨床症状は前頭葉症候群で、遂行機能障害を中心とする前頭前野背外側症候群、人格の変化、変容を中心とする前頭眼窩症候群、発動性の低下を中心とする前部帯状回症候群の3つの要素を含んでいる。

参考書籍:調剤と情報2012.2

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

お気に入りリンク

添付文書(PMDA)
Mindsガイドラインライブラリ
健康食品の安全性・有効性情報
管理薬剤師.com
DIオンライン