2019年3月23日更新.3,398記事.5,978,488文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

新薬の投与期限は発売してから1年?

スポンサーリンク


新医薬品

厚生労働省の告示では、投薬期間に上限が設けられている医薬品として、

新医薬品 (薬事法第十四条の四第一項第一号に規定する新医薬品という。)であって、使用薬剤の薬価(薬価基準)への収載の日の属する月の翌日の初日から起算して一年(厚生労働大巨が指定するものにあっては,厚生労働大臣が指定する期間)を経過していないもの

という記述があります。

そのため、新薬は1年間は14日の処方制限があります。

ちょっと気になるのが、薬価収載月と販売開始月が違うという薬があります。

最近発売されたロゼレムは、薬価収載が2010年6月で販売開始が2010年7月となっています。

この場合、2010年7月から長期投与可能ということでよろしいのですよね。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事

腎不全患者にアロプリノール追加 適切な投与量は?

IMG_0670
薬剤師

数年前より腎不全を患っている60歳の男性患者。CLcrは35mL/minである。高尿酸血症の治療のためアロプリノールを投与したいが、投与量はどの程度にすればよいか(アロプリノールの通常量は200~300mg/日を2~3回に分けて投与する)。
A. 100~300mg/日
B. 100mg/日
C. 50mg/日

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

最新の記事


人気の記事