2019年3月23日更新.3,398記事.5,981,411文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

大動脈解離は見逃される?

スポンサーリンク


大動脈解離見落とし男性死亡

大動脈解離見落とし男性死亡 北九州市立八幡病院 – 47NEWS(よんななニュース)

 北九州市は14日、市立八幡病院(同市八幡東区)で昨年4月、胸の痛みなどの症状で救急搬送されてきた30代の男性=同区在住=の大動脈解離を見落としたため、男性が死亡したと発表した。
 病院によると、昨年4月14日、胸の痛みや呼吸困難などを訴えた男性を、50代の男性内科医が「ストレスが原因の過呼吸症候群」と診断。男性は15日と17日にも受診したが、パニック障害の内服薬や鎮痛剤を処方した。
 男性は19日に容体が急変、別の病院に運ばれ大動脈解離の疑いが判明し、さらに病院を移して治療を受けたが死亡した。
 病院は、最初に激しい痛みを訴えなかったためストレスが主因と決めつけたのが原因と説明。遺族から損害賠償を請求され協議中という。
 市川光太郎院長は「ご本人とご遺族に心からおわびし再発防止に努める」と陳謝した。

大動脈解離の見落としはよくあることらしい。

専門医なら気づくでしょうけど、全ての内科医に求めるのは酷でしょう。

しかも30代という若さではなかなか心臓の病気というのは疑いにくい。

こういうのを医療ミスにしてしまうのはいかがかと。

大動脈解離

大動脈解離とは「大動脈壁が中膜のレベルで二層に剥離し、動脈走行に沿ってある長さをもち二腔になった状態」で、大動脈壁内に血流もしくは血腫が存在する動的な病態である。

急性大動脈解離とは発症14日以内の大動脈解離である。

発症は冬場に多く夏場に少ない傾向がある。

また時間的には活動時間帯である日中が多く、とくに6〜12時に多いと報告されている。

スポンサーリンク

この記事に関連する記事

血中濃度測定時に2時間値も採血すべき薬は?

IMG_0670
薬剤師

経口投与されている薬物の血中濃度を測定する際に、有効性を確認する目的でピーク値付近(2時間値)も採血した方が良いとされている薬剤はどれか。
A. シクロスポリン(商品名:ネオーラル)
B. タクロリムス(商品名:プログラフ)
C. メトトレキサート(商品名:リウマトレックス)
D. フェノバルビタール(商品名:フェノバール)
E. ジゴキシン(商品名:ジゴシン)
F. アミオダロン(商品名:アンカロン)

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

最新の記事


人気の記事