2018年4月4日水曜更新.3,289記事.5,377,448文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ARBで認知症予防?

スポンサーリンク


ARBと認知症

一般的な降圧剤に認知症予防効果、米研究 国際ニュース AFPBB News

【1月14日 AFP】高血圧や心臓病の患者に広く使われている処方薬が、アルツハイマー病などの認知症のリスクを下げる可能性があるとの研究結果が、13日の英医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(British Medical Journal、BMJ)」(電子版)に発表された。
 ボストン大学医学部(Boston University School of Medicine)のBenjamin Wolozin氏が率いる医師のグループは、2002~2006年の4年間、65歳以上の81万9000人の心臓病患者について認知症の発症状況を調べた。調査対象は主に男性の退役軍人で、データは米国の退役軍人省が提供した。
 
 この結果、アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)という薬を服用している患者はほかの薬を飲んでいる人に比べ、認知症になるリスクが19~24%低いことが分かった。
 また、調査開始時にアルツハイマー病と診断されていた患者でARBを服用したグループは、それ以外のグループと比べ、調査期間中に介護施設に入る割合がおよそ半分だったという。
 ARBは、血管の筋肉を収縮させるアンジオテンシンという物質を阻害する。このため血管が拡張して血圧が下がる。アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACEI)という薬と併用している人に特に高い認知症予防効果が見られた。
 過去の研究で、ARBはほかの薬よりも糖尿病や脳卒中を予防する効果が高いことが示唆されていたが、認知症予防にも効果があるとされたのは今回が初めて。
 同じ号に寄せられた解説記事で、カナダのカルガリー大学(University of Calgary)の研究者は、研究期間が比較的短いうえに認知症の家族歴を考慮しておらず、女性が少ないことから、さらなる研究が必要だと指摘している。
 アルツハイマー病などの認知症患者は世界で約3600万人いるとされ、今後20年で倍増するとの予測もあり、予防できればその恩恵は大きいと研究チームは主張している。年齢、遺伝、心臓病が認知症発症の要因として知られているが、最近では中年期における糖尿病と高血圧との関係も疑われている。

ARBとACE阻害薬の併用で特に高い認知症予防効果が得られる、と。

脳卒中を予防することで、脳血管性認知症を防ぐということでしょうか。

脳血管の血液循環を良くすることで、認知症の予防になるのかな。

高齢者にはARBが良さそうですね。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

タグ

治療薬一覧 検査値 調剤関連資料