更新日:2017年1月31日.全記事数:3,169件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

低学歴がアルツハイマーの原因?


スポンサーリンク

アルツハイマー病、生活習慣の改善で減らせる可能性

アルツハイマー病、生活習慣の改善で減らせる可能性 米研究 国際ニュース AFPBB News

【7月20日 AFP】世界に3500万人以上いるアルツハイマー患者のうち半数は、修正可能な生活習慣上の危険因子によって発症した可能性があるという研究結果が、19日にパリ(Paris)で開かれた国際アルツハイマー病協会の会議で発表された。
 アルツハイマー病については、脳内の神経細胞が破壊されるプロセスについてはよく理解されているが、原因は依然として不明だ。遺伝的要因により発症する例は全体のわずか1%に過ぎないことが分かっている。
 米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(University of California in San Francisco)の研究チームは、アルツハイマー病の生活習慣上の7つの危険因子について、数学モデルを基に理論解析を行い、少なくとも部分的には発症の原因になったと考えられる割合を因子別に計算した。
 その結果、「低学歴」が発症に関係していた割合は19%、「喫煙」は14%、「運動不足」は13%、「うつ病」が11%、「中年期の高血圧」が5%、「中年期の肥満」が2%、「糖尿病」が2%だった。これら7つを合わせた場合の患者数は、世界のアルツハイマー患者の半数に近い1700万人という計算になった。
 研究を率いたデボラ・バーンズ(Deborah Barnes)教授は、「この結果は、運動する、禁煙するなど、生活習慣の比較的単純な変更が、長い目で見ればアルツハイマー患者数に劇的な変化をもたらしうることを示している」と話した。「次のステップとしては、生活習慣上の危険因子を減らすと実際にアルツハイマー病のリスクも軽減されるのか、大規模な研究を行いたい」
 世界中で高齢化が進む中、アルツハイマー患者の数は2050年までに3倍以上に増えると予想されている。

「低学歴」「喫煙」「運動不足」「うつ病」「中年期の高血圧」「中年期の肥満」「糖尿病」。

「低学歴」というのが気になる。

高学歴の人ほど、アルツハイマー病による記憶能力低下は遅い時期に始まるが、いったん低下が始まると、病状の進行度は学歴の低い人に比べ速い、という話も。

頭を使わないとボケやすい、のか。

とにかく、脳に刺激を与えることが必要。

でも、低学歴=貧困層ってことで、別の因子が働いている可能性も。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク