2018年4月4日水曜更新.3,289記事.5,377,448文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

若者にはドパミンアゴニスト?

スポンサーリンク


若者にはドパミンアゴニスト、高齢者にはレボドパ

パーキンソン病の初期治療は、高齢者(70~75歳以上)ではレボドパ(メネシット、ネオドパストン、マドパー、ネオドパゾールなど)、若年者ではドパミンアゴニストからが基本である。

ドパミンアゴニストよりもレボドパの方が効果は確実であるが、比較的若い人でレボドパを第1選択としない理由は、長期使用に伴う運動合併症発症(wearin-off、on-off、ジストニアやジスキネジア)を防止するため。

若い人は長期間パーキンソン病の治療をすることになるので、レボドパ製剤はなるべく後まで取っておこうという話。

若年者ではL-ドーパへの治療反応性が良く、症状もよく改善される半面、運動合併症(薬の効果が早期に切れる「ウェアリング・オフ現象」や、抗パーキンソン病剤の服用に伴う不随意運動である「ジスキネジア」)が出現しやすい。

そのため、若年者にはドパミンアゴニストを利用することが多い。

70歳以下にはドパミンアゴニスト

Lドパの副作用を克服するために開発されたのが、作用時間の長いドパミンアゴニストです。

ドパミンアゴニストは、長期間服用してもwearing-off現象やジスキネジアが生じにくいのですが、効果発現までの時間がLドパより長く、吐き気、幻覚、妄想といった副作用が出現しやすいという欠点があります。

2002年に発表された「パーキンソン病治療ガイドライン」では、wearing-off現象やジスキネジアを生じやすい70歳以下の患者さんは、ドパミンアゴニストで治療を開始することを推奨しています。

いずれ、Lドパが必要になる日がきますが、Lドパの服用開始を少しでも遅らせて、wearing-off現象やジスキネジアの出現を先送りしたいからです。

一方、精神症状のリスクの高い70歳以上の患者さんや認知症を有する患者さんは、Lドパで治療を開始します。

参考書籍:クレデンシャル2010.8

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

タグ

治療薬一覧 検査値 調剤関連資料