更新日:2015年10月26日.全記事数:3,136件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

乾燥肌にステロイドは逆効果?


スポンサードリンク

乾燥肌とステロイド

皮膚の乾燥によってかゆみが起こります。

かゆみや炎症が生じた場合にステロイドが処方されることがあります。

しかし、ステロイド剤は表皮からの水分の蒸発量(TEWL:経皮水分喪失)を増加させ、皮膚の乾燥をさらに悪化させる恐れがあります。

そのため、保湿剤のみを処方する医師もいます。

ステロイドランクの選び方は?

副作用が怖いからと低いレベルのものから使用するという選択方法は間違いです。

効果が不十分なOTCを使い続けることでかえって悪化する場合があります。

基本的に、炎症が弱ければウィークかミディアム、強ければストロングを勧めます。

皮膚が弱い乳幼児はウィークかミディアムが原則です。

ただし、乳幼児や吸収のいい部位でも、かき壊して症状がひどくなっている場合は効果の高いステロイドを使わなければ炎症をおさえられないときがあります。

ウィークかミディアムを漫然と使って悪化させるより、ストロングを使用した方がいい場合もあります。

数日使用してかゆみが減る程度の強さが必要だと思います。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク