2018年4月7日土曜更新.3,289記事.5,378,270文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ジェイゾロフトは副作用が少ない?

スポンサーリンク


ジェイゾロフトは副作用が少ない

ジェイゾロフトは副作用が少ないという。

セロトニン受容体に対する選択性が高いためらしい。

ラット脳を用いたin vitro試験において、本剤のセロトニン取りこみに対する50%抑制濃度(IC50)を検討したところ、その阻害作用はノルエピネフリンまたはドパミン取りこみに対する作用に比べ、約20倍選択的でした。

また別のin vitro試験では、アドレナリンならびにドパミン受容体に加え、ムスカリン受容体やヒスタミン受容体などに対する本剤の親和性は低いことが明らかとなっています。

ジェイゾロフト

セルトラリン(ジェイゾロフト)はうつ病、パニック障害などが適応で比較的安全で使いやすいが、他のSSRIより下痢が多くみられる。

25mg/日より投与を開始し、患者の様子を観察しながら25mg/日ずつ100mg/日まで漸増する(通常1~2週間単位)。

1日1回投与で、服薬は患者のライフスタイルにあわせて投与できる。

投与量と血漿中濃度が比例関係を示す薬剤であり、予想を超える血漿中濃度を示す可能性は少ない。

他のSSRIと比較すると下痢を起こしやすいといわれているが、相対的には忍容性の高いSSRIである。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

タグ

治療薬一覧 検査値 調剤関連資料