更新日:2017年1月1日.全記事数:3,190件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

アレグラなら眠くならないから車を運転してもいいの?


スポンサーリンク

抗アレルギー薬で墜落事故

航空大訓練機長が鼻炎薬…墜落との因果関係調査 アラカルトニュース yomiDr.-ヨミドクター(読売新聞)

 北海道で7月、航空大学校帯広分校の訓練機が墜落した事故で、国土交通省は27日、死亡した機長が、抗アレルギー薬を服用していた可能性があると発表した。
 抗アレルギー薬は同省の指針で、服用後に一定の時間をあけないと操縦してはいけないことになっている。薬の服用と事故との因果関係は、運輸安全委員会が調査中だが、同省は、航空大や航空事業者などに対し、パイロットに指針を周知徹底するよう求めた。
 発表によると、同委員会の調査で、機長がアレルギー性鼻炎の薬を常用し、朝晩2回服用していたことが判明。副作用などを確認した指定医が、服用を「適合」としていたが、同省の指針では、適合とされた薬でも、服用後は一定時間、操縦しないよう定めている。
 この薬の場合、服用後24時間は操縦できないことになっていたが、機長は薬を常用しながら訓練機を操縦していた可能性もあるとして、同委員会は17日、同省に情報提供していた。
(2011年12月28日 読売新聞)

なんだろうな。

アレグラかな。

アレグラで墜落したとしたら、アレグラの添付文書も変わるかな。

パイロットは抗アレルギー薬は飲めないってことか。

操縦中にくしゃみするのも危ないけど。

車の運転を避けること

アレルギーの薬の添付文書には、車の運転を避けること、という記載のあるものが多いです。

それは抗アレルギー薬には眠気の副作用が出るものが多いからです。

最近の新しい抗アレルギー薬では、眠気の副作用が少なく、添付文書に車の運転に対する注意書きの無いものもあります。

アレグラとクラリチンという薬です。

車を運転される方はこれらの薬を処方してもらいましょう。

アレグラなら運転してもいい?

アレグラやクラリチンでも眠気の副作用が報告されており、また本人が眠気を自覚していなくても集中力、判断力や作業能率の低下などの副作用がみられることがあるため、添付文書に記載はないが自動車運転などの危険を伴う機械の操作には注意が必要と考えられる。

スポンサーリンク

関連する記事

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ