更新日:2015年10月22日.全記事数:3,190件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

(フルタイド+セレベント)<アドエア?


スポンサーリンク

フルタイド+セレベント=アドエア

アドエアはフルタイドという薬とセレベントという薬が混ざった合剤です。
フルタイドとセレベントをいっしょに使うことで相乗効果が見込まれます。フルタイドとセレベントを別々に使うよりも、同時に吸入したほうが効果が高いそうです。
ステロイドはLABAの作用点であるβ2受容体数を増加させ、LABAの働きを高める。

一方でLABAは、ステロイドとその受容体の複合体を核内に移行しやすくして、ステロイドの効果発現を促す。
この相乗効果は、気管支の細胞に両剤が同時に到達する配合剤を使った方が発揮されやすいという。

配合剤には1+1=3くらいのシナジー効果があるとのこと。
フルタイドの規格には50μg、100μg、200μg、セレベントの規格には25μgと50μgがあります。

でもアドエア(ディスカス)のフルタイド含有量は100μg、250μg、500μgと多めのラインナップです。最近発売になったアドエアのエアー剤は50μgです。
フルタイドの通常使用量は添付文書上、成人で1回100μg、小児で1回50μgになっています。

アドエアは成人1回100μg、小児の適応は最近追加になりましたが、1回50μgか100μgになっています。
フルタイドの場合は症状により適宜増減でき、1日の最大投与量が成人800μg、小児200μgとなっています。

アドエアには「適宜増減」の文言はなく、症状に応じてアドエア500ディスカスを1日2回、つまり1000μgまで使えます。
フルタイドの場合は1回に2吸入使うようなケースもあったと思いますが、アドエアでそれをやってしまうとセレベントの吸入量が過剰になってしまうのでできません。

吸入ステロイドの投与量はガイドラインに従って決めていると思われますが、成人の場合1日100~250μgが低用量、1日250~500μgが中用量、1日500~1000μgが高用量なのだそうです。
アドエアは便利で効果も高いのでいい薬だと思いますが、季節や症状によってセレベントを追加使用している患者さんにとっては別々に処方してもらったほうがいいようです。

相乗効果

相乗作用の機序としては、ステロイド薬によるβ2受容体数の増加、β2刺激薬によるステロイド薬と結合したステロイド受容体の核内移行の促進が考えられており、これにはβ2刺激薬による細胞内サイクリックAMPの増加によるプロテインキナーゼの活性化が関与している可能性が指摘されています。

フルタイドとセレベントを併用するよりアドエアを使ったほうが効果的?

アドエアは1回の吸入で両方の薬剤を吸入できるので使用が簡単であり、服薬アドヒアランスの向上が期待できます。

併用するよりアドエアを使用したほうが臨床効果が高いとの報告もあります。

スポンサーリンク

関連する記事

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ