2018年9月18日更新.3,327記事.5,528,363文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

スタチンは高TG血症に効かない?

スポンサーリンク


スタチン

一般的に、スタチン系は高コレステロール血症に、フィブラート系は 高中性脂肪血症に用いられる事が多いです。

スタチン系の、ローコール、リバロ、リピトール、クレストールの適応症は「高コレステロール血症」となっています。

メバロチン、リポバスは、「高脂血症」となっており、高TG血症も含んでいます。

フィブラート系のベザトール、リピディルの適応症は「高脂血症」となっています。

スタチン系はLDLコレステロールの低下作用が強力ではありますが、TG低下作用も認められています。

ガイドラインによると、IDLやVLDLレムナントの低下、肝臓でのコレステロール合成低下によるVLDL合成分泌の抑制により、10~20%程度のTG減少をもたらすとされています。

そのため、高TG血症にスタチン系を用いてもおかしい処方ではなく、高コレステロール血症にフィブラート系を用いても同じく問題はない。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

タグ

検査値 調剤関連資料