2019年2月19日更新.3,370記事.5,917,338文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

テオフィリンとニューキノロンは併用しちゃダメ?

スポンサーリンク


テオフィリンとニューキノロンの相互作用

テオドールの添付文書をみても併用禁忌となっているものは無い。
しかし、血中濃度のモニタリングを求められるテオフィリンなどのハイリスク薬では、併用注意レベルの相互作用でも、血中濃度に変動を来す要因については把握し、その及ぼす影響について考察する必要がある。

ニューキノロンにはCYP1A2を特異的に阻害するものが多く、テオフィリンの代謝を遅らせることが知られています。

シプロキサン、オゼックス、バクシダールなどは、テオフィリンのAUCを20%以上上昇させます。

フルマークでは、テオフィリンのAUCを50%以上上昇させます。

ジェニナックもテオフィリンのAUCを20%以上上昇させますが、これはCYP1A2とは関係ありません。

テオフィリンの代謝に対する影響が軽微なニューキノロンは、クラビット、ガチフロ、アベロックスなどです。

テオフィリンとニューキノロンの相互作用では、エノキサシン(フルマーク)とピペミド酸(ドルコール)はテオフィリンのAUCを50%以上上昇させ、次いでシプロフロキサシン(シプロキサン)、トスフロキサシン(オゼックス)、ノルフロキサシン(バクシダール)、パズフロキサシン、プルリフロキサシン(スオード)は20%以上上昇させるが、これら以外のキノロン系薬は影響が小さい。
この差異はキノロン系薬と1A2酵素の結合力の強弱に起因すると考えられている。

テルネリンは治療域濃度が狭いので、キノロン系薬との併用に注意が必要である。

スポンサーリンク

ロコアテープとモーラステープの使用法で誤りは?

IMG_0670
薬剤師

ロコアテープ®とモーラステープ®の使用法について誤った組合せはどれか。
1. NSAIDs服用患者にエスフルルビプロフェンテープ剤(ロコアテープ®)1日2枚を患部に貼付
2. NSAIDs服用患者にケトプロフェンテープ剤(モーラステープ®)1日2枚を患部に貼付
3. 抗菌薬のノルフロキサシン(バクシダール®)服用患者にエスフルルビプロフェンテープ剤(ロコアテープ®)を処方
4. 抗菌薬のノルフロキサシン(バクシダール®)服用患者にケトプロフェンテープ剤(モーラステープ®)を処方
5. 光線過敏症の患者にエスフルルビプロフェンテープ剤(ロコアテープ®)を処方
6. 光線過敏症の患者にケトプロフェンテープ剤(モーラステープ®)を処方

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事(月間)


リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

SNS

検索


スポンサーリンク