更新日:2015年10月28日.全記事数:3,135件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

血管が硬くなると丈夫になる?


スポンサードリンク

血管が硬くなるのはいけないこと?

動脈硬化で血管が硬くなれば、血管が丈夫になって体に良いんじゃないか、と思う人もいるようです。

そんな気もする。

しかし、動脈硬化の問題は血管が硬くなること、ではなく、血管が狭くなることです。
動脈壁にコレステロールなどが沈着し、血管壁を厚くし、血管内腔が狭くなる。壁が厚くなれば硬くなるけど狭くなる。

動脈硬化が進むと、心筋梗塞や狭心症、末梢動脈閉塞症(閉塞性動脈硬化症)などが起きやすくなる。
動脈硬化によりこれらの疾患が発症する主な原因は、コレステロールなどの脂質が血管内皮に侵入してプラーク(限局性の血管内膜の肥厚)を形成した結果、動脈血管の内腔が狭まること(動脈の狭窄)だと考えられている。
冠動脈が狭窄すれば狭心症や心筋梗塞が起き、脳動脈が狭窄すれば脳梗塞が起きる。
また、下肢の動脈が狭窄すれば、下肢の末梢動脈閉塞症となる。

つまり、動脈血管の硬化は血管内膜が肥厚した結果に過ぎない、ということ。

コレステロールが高いと動脈硬化になる?

動脈硬化の主な原因はLDLコレステロールだといわれています。

糖化などで変形したLDLコレステロールによる刺激、高血圧による強い圧力、喫煙などの影響により動脈壁が傷ついて生じたひび割れのような隙間に血液中のLDLコレステロールが徐々に入り込む。

そこに異物や老廃物を貪食するマクロファージがやってきて、LDLコレステロールを取り込むことで、変形して動脈壁にへばりつく。

さらに、その部位に血中のカルシウムが沈着し、動脈壁が硬くなる。

というメカニズム。

これを粥状動脈硬化という。

動脈硬化が進むと、狭心症や心筋梗塞発症の原因となる。

プラークが破綻すると血栓が生じる?

プラークと聞くと、歯垢のことをイメージする人もいるかな。

血管の歯垢と思ってもらっていいかと。

動脈硬化で怖いのは、血管壁にこびりついたプラークが血管を狭くすること。

血管が狭くなると血管がつまりやすくなる。

それに、このプラークが破綻、壊れることで血管をつまらせる。

血管を狭めていたプラークが壊れたら、血液が通りやすくなるじゃないか、とも思いますが、そうはいかない。

動脈硬化

血管をゴムに例えると、動脈硬化になった血管は硬くなったゴムに例えられます。
血管は通常弾力性がありますが、動脈硬化になると弾力性は失われます。

大動脈に動脈硬化が起こると、大動脈壁が弱くなり、大動脈の一部がこぶ状にふくれ上がります。
これが大動脈瘤です。
ほっておくと破裂することもありますが、破裂するまでは無症状なので定期健診などで見つかることがほとんどです。

脂質異常症

動脈硬化症の成因に関しては、種々の因子が知られており、なかでも脂質異常症はもっとも重要な因子として位置づけられている。
とくに高コレステロール血症や低HDLコレステロール血症は、虚血性心疾患発症との因果関係が疫学調査により明らかにされている。

高トリグリセリド血症に関しては、しばしば耐糖能異常や高血圧、低HDLコレステロールを合併することから、最近、虚血性心疾患の独立した危険因子として注目されている。

脂質異常症とは血漿(血清)中の脂質ーコレステロール、トリグリセリド、リン脂質、遊離脂肪酸(臨床上は前2者)ーのうち少なくとも1つが正常範囲を超えた病態の総称である。

血漿(血清)脂質レベルは、栄養条件や地域差などに大きく影響を受け、一般的な正常範囲を決めることは必ずしも容易ではない。

しかし、疫学的調査などにより「将来、動脈硬化症などの合併症の発生を促進させない脂質レベルの上限値」として正常上限を定めることは可能であり、現在、わが国では空腹時のLDLコレステロール140mg/dL、コレステロール220mg/dL、トリグリセリド150mg/dLをもって上限とし、HDLコレステロール値40mg/dLを下限とすることで合意されている。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク