更新日:2016年12月21日.全記事数:3,190件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

スタチンで老化が進行?


スポンサーリンク

スタチン服用者にコエンザイムQ10がおすすめ?

老化防止や美肌に効果があるとして有名なコエンザイムQ10
コレステロール合成阻害薬であるスタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)はコエンザイムQ10の合成も阻害するという。

各種スタチンの投与により、血清中のコエンザイムQ10が約8~32%も低下するという報告があります。

コレステロールの合成経路はこんな感じです。
アセチルCoA→アセトアセチルCoA→(HMG-CoA合成酵素)→3ヒドロキシ-3-メチルグルタリルCoA(HMG-CoA)→(HMG-CoA還元酵素)→メバロン酸→→イソペンテニルピロリン酸→→ファルネシルピロリン酸→(スクワレン合成酵素)→スクワレン→→コレステロール

スタチンはHMG-CoA還元酵素を阻害してメバロン酸の合成を阻害して、その後作られるコレステロールの合成も阻害する。
でもって、コエンザイムQ10もメバロン酸経路から作られます。

メバロン酸→→イソペンテニルピロリン酸→→ファルネシルピロリン酸→(トランス-ブレニル転移酵素)→ユビキノン(コエンザイムQ) という経路です。
スタチンを飲む人はコエンザイムQ10も補給したほうがいいと言われています。

ということは、HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)を飲むと、老化や皮膚の衰えが進行するということになるのか。
それは患者さんには内緒のお話で。

コエンザイムQ10とは?

コエンザイムQ10は、ミトコンドリアでのATP生成に必要な補酵素で、体中に存在してエネルギー産生を行っている。
スタチンの服用でコエンザイムQ10が減るため、様々なミトコンドリア病様の副作用が出ると考えられる。

コエンザイムQ10で若返る?

コエンザイムQ10は、ユビキノンまたはユビキノールという名でも知られる脂溶性のビタミン様物質で、心筋や肝臓、腎臓、膵臓などに多く存在する。

細胞内のミトコンドリア内膜やミクロゾーム-ゴルジ体で生成され、その体内レベルは20歳をピークに加齢とともに減少するといわれている。

うっ血性心不全や高血圧、歯周病、後天性免疫不全症候群などの患者は、コレンザイムQ10のレベルが低下しているとの報告がある。

スポンサーリンク

関連する記事

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ