2015年10月26日月曜更新.3,289記事.5,378,270文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

イブは15歳未満の子供は飲んじゃダメ?

スポンサーリンク


小児にイブはダメ?

イブプロフェンを子供に飲ませてはいけないか。

イブの箱には「15歳未満は服用しないこと」と書いてあります。

しかし、医療用のブルフェンは5歳からの用量が書いてあります。

イブプロフェンはアセトアミノフェンに次いで小児によく使われる解熱鎮痛剤で、安全性も高いです。

でもOTCだと厳しくなるんですね。

医療機関にかかって処方してもらってください。

小児に使える解熱鎮痛剤は?

小児に使われる医療用の解熱鎮痛剤としては、アセトアミノフェンかイブプロフェンでしょう。

しかし、ときどき日曜日などの休日に、解熱鎮痛剤をドラッグストアで買って使ってもいいか?聞かれる場合があります。

その場合にはイブプロフェンは使えません。

アセトアミノフェンオンリーです。

イブプロフェンでもそんなにリスク高くは無いと思いますが、小児に使えるイブプロフェン製剤はOTCにありません。

アセトアミノフェンは、市販でも坐薬とか、シロップとか、粉薬が売っているようなので、使えます。

熱にも痛みにも効く薬

熱が出たときには解熱剤、痛みが出たときには鎮痛剤が使われます。

しかし、実際は解熱鎮痛剤という熱にも痛みにも効く薬を使います。

なぜ解熱鎮痛剤は熱にも痛みにも効くのでしょうか?

それは、熱の原因も痛みも原因もプロスタグランジンという同じ物質によるものだからです。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

タグ

治療薬一覧 検査値 調剤関連資料