2017年9月24日日曜更新.3,267記事.5,316,431文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

稀な副作用は説明しなくてもいい?

スポンサーリンク


稀な副作用

薬の添付文書を見ると、副作用の欄にかなりの数の副作用が載っているものがあります。

その副作用全てについて説明するのは不可能です。

テグレトールの副作用でハイパーセンシティビティシンドローム(過敏性症候群)を発症した事例の裁判があります。

テグレトールの副作用等について説明を十分に行わなかった注意義務違反で医師に損害賠償を請求しました。

その結果は「医師は、投薬に際し、その副作用の重篤性、発生頻度に照らして、重要と考えられるものを説明すれば足りるものであって、当該投薬により発生することが極めて稀な副作用について
まで、全て説明しなければならない注意義務が発生するとまではいえない。」とのこと。

どこまでが稀な副作用なのかというのは、線引きが難しそう。

この判例は医師に対するもので、薬剤師はもっと薬のプロとしての説明責任が求められるかも知れません。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

タグ

治療薬一覧 調剤関連資料