更新日:2015年10月22日.全記事数:3,190件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

マスクに風邪の予防効果は無い?


スポンサーリンク

マスクは日本だけ

新型インフルエンザの流行で、マスクが異常に売れています。

しかし、風邪にかかっているわけでもないのにマスクをする習慣があるのは日本だけらしいです。

海外でマスクを使わないのは費用対効果の面であまり期待できないからという点がひとつ。

1日1枚マスクを使っては捨てる、などというもったいない習慣をするのは確かに日本だけでしょうね。裕福な国です。

あと、体調が悪いときはすぐに休む、というのが基本にあるからでしょう。日本人は少しくらい体調が悪くても、マスクをして出社するのが常識となっています。

マスクをするのは風邪に罹った患者が他人にうつさないためであって、健康な人が風邪に罹らないためにマスクをする意味はあまり無いとも言われています。

マスクの効果

医学的証明(エビデンス)が無いから意味が無いということではありません。

マスクの予防効果は空気中のウイルスが侵入することを防ぐためだけではなく、マスクをすることで手についたウイルスを口や鼻のまわりにくっつける機会が減ります。

マスクを着用する人は、うがい手洗いもしっかりしていると思うので、マスク単体での予防効果を立証するのは難しいと思います。

マスクには保湿効果があり、のどにウイルスが付着増殖するのをある程度防ぐ。

ただしマスクのウイルス除去効果が100%である必要はなく、90%程度で十分。

インフルエンザの可能性が否定できない患者には、周囲の人との接触を極力減らす努力として、マスクの着用の徹底が大切である。

マスクをしてると風邪の治りが悪くなる

風邪・インフルエンザに感染している患者は他人に伝染させない為、感染拡大を防ぐ為にマスクを着用する事が求められます。

しかし、マスクを着用すると、本来は口から外部に排出できたはずのウイルスをマスクの内側につけたまま過ごすことになるため、マスクを着用している本人にとっては風邪やインフルエンザの治癒を遅らせるという不利益を被ることになります。

風邪を治すためにはマスクはしないほうがいいです。

個人の利益と集団の利益は異なるのですね。

風邪の予防に最適な湿度は?

これから寒くなって、暖房をつけはじめる季節。

部屋の湿度が下がって乾燥してきます。

乾燥は風邪の大敵です。

湿度が30%以下になると目や鼻が乾燥する、のどが乾いたり痛んだりするといわれています。

ダニが生育するのに最適な湿度は60%から80%といわれています。

風邪のウイルスが繁殖しやすい湿度は20%以下といわれています。

湿度40~50%くらいがちょうどいいかな。

スポンサーリンク

関連する記事

コメント

  1. コメントありがとうございます。

    感染症にマスクが無効、ということではありません。
    感染者との接触率の高い医療従事者にとっては、必要不可欠なものでしょう。
    家庭内にインフルエンザの感染者がいて、感染経路を少しでも減らそうとした場合には、マスクという手段も一つかも知れません。
    ゴーグルや手袋もしたほうがいい。
    咳などの飛沫が直接鼻や口のまわりにくっつく、という感染経路の可能性の高さに応じてマスクは着用すべきかと思います。
    間接的な感染経路は恐らく「手」によるものが一番多いと思われます。
    感染者が触れた何かを、別な人が触って、その手を無意識に口や鼻の周りに運ぶ、髪の毛を触るなどの行為に及ぶ可能性は高いでしょう。
    私はインフルエンザの流行シーズンでも日常的にマスクをすることはありませんが、エボラがもし流行したときにはマスクまでして感染を防ごうと思います。

    yakuzaic:2014/10/19

  2. 感染症にマスクが無効というのは意外です。というのはエボラに接する医療関係者がマスクをしているからです。なぜエボラが空気感染しないにも拘らず彼らはマスクをするのでしょうか。

    エボラー:2014/10/17

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ