2018年12月14日更新.3,343記事.5,772,518文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

疲れやすいのは亜鉛不足?

スポンサーリンク


亜鉛の役割は?

亜鉛は生命活動の維持に必須の微量金属元素の一つであり、蛋白質の立体構造を維持する役割を担う。
また、多様な酵素の活性補因子であり、これまでに300を超える亜鉛酵素、亜鉛要求性酵素(亜鉛と結合して初めて酵素活性が現れる酵素)が単離されている。

亜鉛の生理作用として、①胎児の発育②皮膚およびその付属器官の新陳代謝③生殖機能④味覚および嗅覚の維持⑤精神神経作用・行動への影響⑦免疫機能維持、などが知られている。

亜鉛は体内に約2g含まれます。
亜鉛は蛋白合成(アミノ酸代謝)に係る酵素のはたらきに必要なため、不足すると蛋白合成が低下し、免疫機能の低下にもつながります。
亜鉛は性ホルモンの生成に深く関与し、生殖機能維持に欠かせないミネラルとされています。男性では、前立腺に亜鉛が多く存在しており、精子の形成と男性ホルモン分泌を促す効果があるといわれています。

偏食で亜鉛不足?

亜鉛は食品を加工する過程で失われやすいため、インスタント食品や加工食品に偏った食事では不足しがちである。

また、薬剤や食品添加物(ポリリン酸、ピロリン酸、メタリン酸などの重合リン酸塩類)のキレート作用による吸収障害もある。

亜鉛欠乏症の症状?

亜鉛欠乏症の症状としては、皮膚炎と味覚障害・味覚異常がよく知られているが、そのほかにも褥瘡の発症・治癒遅延、嗅覚障害、食欲不振・減退、食事拒否、下痢、アフタ性口内炎、舌炎様症状、口腔咽頭症状、舌痛、口唇痛、精神症状、発育遅延、性的発達遅延、貧血、全身倦怠感など様々な症状を呈する。

中でも舌炎様症状、口腔咽頭症状の訴えは、舌や口内が「荒れた」「ザラつく」「染みる」「ヒリヒリする」「口内が苦い」「渇く感じがする」など多彩である。

また食欲不振・減退および倦怠感も頻繁に見られるが、一般臨床の場で亜鉛欠乏とは気付かれず、不適切な治療を受けることが多い。
特に高齢者の「食欲が出ない」「食事がまずい」などの訴えを、高齢者だから仕方ないと考えて積極的に治療をしないケースも少なくない。

亜鉛を補給するには?

亜鉛の補給には、カキや牛肉など亜鉛を多く含む食品やサプリメントのほか、医薬品がある。

わが国では亜鉛欠乏症の適応での製品が市販されていないため、試薬である硫酸亜鉛などが投与されることもあるが、消化器症状の副作用が多く、服用を続けにくい。

そこで、亜鉛とLカルシノンからなる胃潰瘍治療薬のポラプレジンク(プロマック)が、亜鉛補給目的で積極的に使われている。
保険適応外であるものの、2011年9月26日に社会保険診療報酬支払基金が公表した「添付文書の適応外であっても保険審査上は原則として認める事例のリスト」に、味覚障害に対するポラプレジンクが追加された。

現代人は亜鉛不足?

亜鉛が不足する原因の1つは、食事の取り方にあります。

最近の食事で多いのは、ファストフード、麺類、丼物などのように、早くできてすぐ食べられるものです。

これらの料理は脂肪や穀類が多い、肉・魚などタンパク質源が少ないのが特徴です。

また、ダイエットのようにエネルギーを減らすために全体の食事量を減らすと、必要な栄養素がすべて少なくなります。

朝食抜きなど食事を取らないことも、3回のうち1回取るべき栄養素が欠けるわけですから、必然的に亜鉛不足になります。

亜鉛で背が伸びる?

低身長症の原因の一つとして、亜鉛欠乏があります。

子供の身長を伸ばすために特に重要な栄養素として、タンパク質、カルシウム、亜鉛、マグネシウムが知られています。

亜鉛には様々な生体での働きがありますが、その一つに成長を促す作用があります。

成長ホルモンの分泌を促し、インスリン様成長因子(IGF)の働きを補助することが確認されています。

プロマックは亜鉛含有製剤で、低身長症に用いられることもあるという。

Q.低身長症にプロマックDが処方されるのはなぜ?

A.プロマックの明確な効果は認められてはおりませんが、低身長症への処方は数多く報告されています。低身長症の原因の一つとして、亜鉛欠乏があります。
従って、亜鉛を補うため亜鉛含有製剤であるプロマックが処方されたと考えられます。
子供の身長を伸ばすために特に重要な栄養素として、タンパク質、カルシウム、亜鉛、マグネシウムが知られています。
亜鉛には様々な生体での働きがありますが、その一つに成長を促す作用があります。
成長ホルモンの分泌を促し、インスリン様成長因子(IGF)の働きを補助することが確認されています。
以上のことから、プロマックや硫酸亜鉛が処方されるケースがあります。
しかしいずれも保険適応外使用になります。
参考文献:成長科学協会研究年報31,101-105,2008、ホルモンと臨床44,9,933-937,1996、 治療Vol.87別冊,16-20,2005低身長症にプロマックDが処方されるのはなぜ? 日経DI掲載クイズ QUIZ 薬剤師さんなら簡単? ちょいむず?

低身長に亜鉛ですか。

細胞分裂に関与する亜鉛は色々使えますね。

参考書籍:日経DI2012.1

スポンサーリンク

コメント

  1. 亜鉛欠乏にプロマックは・・・
    確かに亜鉛との錯体ですが、構造骨格上 遊離して欠乏症に効果があるとは考えにくいですネ・・・?
    食品からの摂取が一番だと思われます。
    カキが代表的ですが生であることが第一条件で、この時期生カキはノロの流行にも加担する恐れあるので・・・
    意外なところで粉チーズなんかが摂取しやすくてGOOD!
    我が家では粉チーズは 1本/月 ペースで消費してます
    クスリのお世話になる前に 我々薬剤師にできることがあるとすれば クスリと同じ働きのある食品を紹介することも一つだと 私は思います。

    通りすがりの薬剤師:2012/1/27

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

  • 11/27 デパス0.25mg? (ジョン) 0.25役に立ってます。 過眠症でモディオダール服用し、副...

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ