2015年10月22日木曜更新.3,306記事.5,274,298文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

体温の低い人はストレスをためやすい?

スポンサーリンク

体温とストレス

姿勢や体温もストレス耐性と関連(R25) – goo ニュース

仕事をしていればいろいろなストレスがたまるもの。ときには「仕事に行きたくないなあ…」なんて思い詰めることもあるはず。しかし、自分とまったく同じ状況に置かれていてもそれほどストレスを感じていない人もいる。このようなストレス耐性の個人差はどこからくるのだろうか? 日本心理教育コンサルティングの櫻井勝彦さんにお話を伺った。
「ストレス耐性には几帳面さや心配性などの性格面はもちろん、声の大きさや姿勢、体温などもかかわっています。声の大きい方はしゃべっているうちに自然とストレスを放出しており、また、姿勢の良い方は血液の流れや神経の伝わりが良く前向きな考えがしやすくなるんですね。体温についても、うつ病の方は体温が低い傾向にあり、ストレス耐性との関連性が高いんです」
考え方や性格だけでなく、様々な事柄がストレス耐性に影響しているようだ。では、日々ストレスを感じている人はどんなことを心がければ耐性が増すのだろうか?
「まず、生活スタイルを変えてみてください。猫背にならないよう意識したり、ジョギングや半身浴を毎日続けて体温を上げる習慣をつけたりするといいでしょう。日光を浴びる時間を増やすのも有効ですね。落ち込んでいるときに考え方を変えようとするよりは、こちらの方が取り掛かりやすいはずです」(櫻井さん)
ストレスで余裕がなくなっている状態で、内面を変えていくのは難しいもの。それならまずは外側を変えてから内面の変化を試みるのがスムーズとのことだ。
「考え方の面で大切なのは全否定しないことです。例えば上司に叱られたとき『自分はダメだ』と全否定するのではなく『何がダメだったのか』具体的な原因を探してください。それが見つかれば希望が持てますし、原因を特定することで、全否定するよりも心の負担がずっと軽くなります」(同)
例えば恋愛でも、失恋の理由を「自分は魅力がないから」と考えてしまうと途方もなく落ち込むが、「なぜフラれたのか」原因を限定して考えると、自分にかかるストレスは軽減されるようだ。
どんな職場にもストレスは付き物。まずはできるところから始めてみようか!

確かに、声が大きい人ってストレス少なさそう。
姿勢の良い人、胸を張っている人ってストレス少なさそう。
でも、うつ病の人が体温低いのは、あまり動かないからじゃないかと。
憂鬱だから動きたくなくなる。
体温が低いからうつ病になったわけではなく、うつ病になって体温が低くなった、のかも。
しかし、悪循環になっているとしたら断ち切った方が良いですね。
落ち込んでいるときは、気持ちを変えるのではなく、行動を変える。
なるほどです。


スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

  • 5/21 のど飴は効くのか? (チラーヂン鉄剤服用中) 医師からチラーヂン(朝)と鉄剤(夜)を処方されてます。ここ最...

検索

スポンサーリンク

リンク

くすりの相談室
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ