更新日:2015年10月22日.全記事数:3,136件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

マラソンで心臓発作?


スポンサードリンク

マラソンと心臓発作

マラソンレースが心臓に与える危険性―中年男性は要注意 – WSJ日本版 – jp.WSJ.com

 ヘルスブログでは、マラソンに関わる主な懸念としては、携帯電話の操作に気を取られ、横断中の歩行者がいるかどうかを全く確認せずに右折してくるドライバーがいるため、交通事故に注意する必要があるということぐらいしか挙げてこなかった。
 だが、過去数年にフルマラソンやハーフマラソンのレース中に死亡するケースが相次いで報告されており、長距離のランニング、少なくとも長距離レースが心臓に与える危険性に関して懸念が高まっている。
 先日、長距離レースと心停止に関する懸念を和らげる、新たな調査結果が発表された。心停止は最も致命的な心臓障害であり、調査論文の著者は「最悪中の最悪」の状態と称している。
 米医学誌『ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』に掲載された論文によると、過去10年以上における米国のフルおよびハーフマラソン競技に参加した1090万人のうち、心臓から体全体に血液が送られなくなる「心停止」の状態に陥ったケースはわずか59件にとどまることが明らかになった。
 もちろんレース中に実際に死亡した42人の遺族にとっては、この調査結果は何の慰めにもならない。では、そうした不幸な事態は、どのような人に起こり得るのか。
 フルマラソンやハーフマラソンが、心停止を直接引き起こすわけではないが、潜在的な問題を抱えた人にとってはそれが引き金となる場合がある。
 心停止に陥った59人のうちの31人の完全な医療記録を入手して調査したところ、死亡の原因のほとんどは、心臓の左心室が肥大化する「肥大型心筋症」であることが明らかになった。(肥大型心筋症は若いスポーツ選手の主な死亡原因ともなっているため、学生のスポーツ選手に肥大型心筋症をはじめとする危険な潜在的障害の検査を受けさせるべきかどうかが議論されている)
 また、死を免れた人に最も共通していたのが潜在的な冠動脈疾患を抱えていたことだった。冠動脈疾患とは、加齢などのリスク要因により動脈が狭窄(きょうさく: 細くなる)する病気。研究者によると、レースで速く走ろうとすると、心臓がより多くの酸素を要求するため、血管が細くなっていた場合、血液を送り切れなくなり、心停止を引き起こす可能性がある。
 これは意外な結果だ、と論文の第一著者で、米マサチューセッツ州ボストンのマサチューセッツ総合病院で心血管治療プログラムを指揮するアーロン・バギッシュ氏は話す。これまで運動中の急性の心疾患は、動脈プラーク(動脈の内壁に付着した脂肪性沈着物)の破裂が原因と考えられていたが、今回の調査データではそれが当てはまらなかった。
 だが幸いなことに、プラークの破裂はストレス検査や心臓超音波検査(心エコー)では予知できないのに対して、過去に見つけられていなかった肥大型心筋症の人や、心停止で一命を取り留めた人に検知されたのと同じ問題を抱えている人を、さまざまな検査で特定することは可能だ、とバギッシュ氏は話す。
 ただし、レース前に検査をすべきかどうかや、するとすればどのような人を対象にすべきかについては、さらに詳しい調査が必要だ。
 当面の対策としては、マラソンのトレーニングプログラムを始める前に、まず医師に相談することだ。そもそも心血管の形状があまり良くない人や中年の男性は特にそれが必要だ(調査によると、心停止の事例の86%は男性)。
 「中年のランナーに是非留意してもらいたいことの1つは、マラソンは健康を保つ方法の1つには違いないが、必ずしも病気を防げるわけではないということだ」とバギッシュ氏は話す。
 さらにボストングローブ紙の12日付けの記事によると、レースの参加者がゴール直後に最も発症しやすいのが心臓発作だ。心臓発作は通常プラークの破裂が関係しているが、必ずしも完全に心拍が停止するわけではない。
 したがって、レースに参加する人は、心臓発作の症状にはどのようなものがあるかをあらかじめ確認し(例えば胸部や上半身の不快感、息切れ、吐き気、過剰発汗など)、そうした症状に注意する必要がある。

1090万人のうち59件。

10万人に1人もいない。

松村邦洋みたいなハイリスクの人は要注意だけど、そんなに運動を怖がる必要は無い。

むしろ自分みたいな、運動したくない人間の言い訳に使われるほうが多い。

でも、レース中に死亡したケースは稀だとしても、練習中に死亡してるかもね。

マラソンは止めておこう。(言い訳)

スポーツ選手の心臓は大きい?

長期間にわたる激しい運動をしたスポーツ選手の心臓は大きくなる。

スポーツ心臓は持久性を要する運動種目の選手に多くみられ、すべての競技選手にみられるものではありません。

スポーツを行うのに適したように心臓が変化するのです。

スポーツ心臓は、スポーツをやめると徐々に普通の人の心臓に近くなる。

スポーツ心臓と肥大型心筋症

スポーツ心臓と肥大型心筋症の区別は難しい。

もともと健康な人がスポーツをしてスポーツ心臓になったのなら問題ありません。

しかし、もともと心臓病の人が激しいスポーツをするのは危険です。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク