更新日:2015年10月22日.全記事数:3,135件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

粉薬に乳鉢の破片が混入?


スポンサードリンク

粉薬に陶器片数個が混入

粉薬に陶器片数個が混入、飲んだ男児は下痢 健康ニュース yomiDr.-ヨミドクター(読売新聞)

 北九州市は13日、小倉北区馬借の市立夜間・休日急患センターが福岡市西区の男児(1歳2か月)に処方した粉薬に陶器片数個(最大縦約1センチ、横約3ミリ、厚さ約2ミリ)が混入していたと発表した。
 北九州市によると、男児は2日、市内に帰省中にセンターで受診した。医師は、急性気管支炎と診断し、3種類の薬(1日3回、2日分)を処方するようセンター内の薬局に指示。薬剤師が、陶器製の乳鉢と乳棒で調合し、「分包器」と呼ばれる装置で薬を6袋に分けて入れた。その際、乳鉢が破損し、破片が袋に入ったらしい。薬剤師は「袋には入り込んでいないと思った」と話しているという。別の薬剤師が目視で検査したが、気付かなかった。
 男児の父親が4日、5袋目を飲ませる際、破片数個を見つけ、未開封の1袋にも入っていた。ほかの4袋はすでに哺乳瓶でミルクと混ぜて服用させており、同じように混入していた恐れがあるとしている。男児は受診後、下痢などの症状が出たが、破片との因果関係は分かっていない。センターは12日、両親に謝罪した。
 市は13日、記者会見を開き、工藤一成・保健医療部長が「多大なるご迷惑、ご心配をおかけしたことを心からおわび申し上げたい」と謝罪した。
(2012年1月14日 読売新聞)

最大縦約1センチ、横約3ミリ、厚さ約2ミリ。

気づくだろう。

というか、混和してる最中に乳鉢破損したら、粉薬捨てるだろう。

目視で大丈夫だと思っても、破片が混入してる可能性は高い。

でも、錠剤をつぶしたりするときに力いっぱい入れて、乳鉢壊したことあるけど、粉薬かき混ぜることで乳鉢壊れるほど力入れないけど。

年季の入った乳鉢だったのかな。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク