2015年10月22日更新.記事数:3,207件.4,879,175文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

電話恐怖症が急増?

スポンサーリンク


着信錯覚

 スマートフォン・ユーザーのストレスが高じると、“ファントム振動”(着信バイブがあったという錯覚)を感じるようになることがある――最新の研究がそう示唆している。
 英国ウースター大学の心理学者リチャード・ボールディング氏は、就業者と学生のボランティア100人を対象に計量心理学テストを行い、スマートフォンを頻繁にチェックする人は心理的ストレスを感じがちであることを発見した。
 このことは、スマートフォンが仕事に使われている場合に特に当てはまった。ユーザーが、ワークフローについていくためにメッセージをチェックしなければというプレッシャーを感じているからだ。
 ストレスが高じると、ビジネス・ユーザーはますます頻繁にスマートフォンをチェックするようになり、実際にはアラートを受信していないのに、受信したと勘違いするようになった人も数人いた。
 先週発表されたこの研究結果は、職業にかかわらず当てはまるもようだ。スマートフォンを仕事のために幅広く利用することが、こうした傾向が観察されたビジネス・ユーザーの共通要素だった。
 英国Press Association(PA)は、「スマートフォンは急速に利用が拡大しており、これに伴ってソーシャル・ネットワーキングによるストレスも増加するだろう」というボールディング氏のコメントを紹介している。
 「原因が何であれ、従業員がストレスを感じていると、企業は成功しない。このため、従業員に、スマートフォンのスイッチを切り、業務時間外に送る仕事用のメールを減らし、デバイスをチェックしたいという誘惑を抑えるよう呼びかけることが、企業の利益にかなっている」(ボールディング氏)
 スマートフォンを業務時間外も仕事に使うことは一般化しており、2009年に英国で行われたある調査では、個人のスマートフォンを業務時間外に仕事に使っていると答えた回答者が3分の1を占めた。また、43%が、スマートフォンのせいでストレスが増えたと答えている。
 1960年代に電話が家庭に普及して以来、技術を使うことに伴う煩わしさが増大している面もあり、このスマートフォンの問題はその極端なものと言える。

医療とか介護の分野では、今後ますます24時間対応が求められてくるので厳しいな。

従業員の健康よりも、お客さんの健康が優先される。

上司からの電話が恐怖

上司からの着信で心身を病む「電話恐怖症」が爆発的に増加中 (NEWS ポストセブン) – Yahoo!ニュース

「どうしてメールで済ませるんだ! 電話をしろ!」――上司からのぼやきも聞こえてくる時代だが、通話より時間が短縮できるという理由ではなく、通話自体を恐れてメールに頼る若者が増えているという。ビジネス現場の携帯電話やメール使用に詳しいアイ・コミュニケーション代表取締役の平野友朗氏が語る。
「約束の時間に遅刻してしまう場合でも、電話ではなくメールで連絡を済ませる若手社員の方が増えています。上司から怒られるのがわかっているから電話することができず、メールという便利なツールに逃げ込んでいるんです。メールでも伝われば同じじゃないかと開き直る人までいます」
上司への連絡ならまだしも、お客様や取引先への謝罪をメールで済ませてさらに大きな問題に発展するケースも少なくない。
電話に出られる状況でもあえて出ずに、留守電で用件を確認し、心の準備をしてから折り返す人もいる。
「電話が嫌いな人は、下手なことをいいたくないから、情報を頭の中で整理したうえで応答したいと思っているのではないでしょうか。電話というのは立場が下の人が相手に合わせるというのが普通なのですが、最近はどうやら立場が下の人でも主導権は渡したくないという気持ちが強いようです」(平野氏)
精神科医の浅川雅晴・浅川クリニック院長は、子供の頃からTVゲームに没頭してコミュニケーションに欠陥がある若者が、上司からの着信に追い詰められて心身を病む「電話恐怖症」の増加を指摘する。
「上司から頻繁にかかってくる電話に頭を悩ませ、うつや動悸・頭痛・吐き気・多汗などの心身症を発症する人が増えています。着信音に恐怖を感じる人も多く、聴覚過敏や幻聴に陥ることもあります。携帯が普及して15年近くになりますが、5年、10年の長い時間をかけて今、爆発的に症例が増えているのです」
また、上司からの電話を取り損なうことを恐れるあまり、マナーモードにしてポケットに入れた携帯が、着信していないのに振動していると錯覚する人もいる。これは幻想振動症候群(phantom vibration syndrome)といわれるもので、携帯の着信に対する過剰意識が生み出したもの。何かが太腿に触れただけで、脳が携帯のバイブと誤認してしまうという。
電話の取り逃しを防ぐために、歩行中は必ず携帯を手に持つという人もいる。「トイレの個室の中でも上司の電話に応対する同僚を見て心配になった」(30代・金融)と、必死に食らいつく若者もいるようだ。

あー、わかります。

幻想振動症候群に近いかな。

24時間電話対応しているので、帰宅後も薬局の携帯を持ち歩いてます。

患者さんの電話が転送されてくるので、取りそこなうと、クレームに発展する可能性もあり、着信は逐一チェックしています。

折り返し電話したら、セールスの電話だったりとかもありますけど。

携帯でどこにいても捕まるというのは、便利なのとともに、やっかいですね。

高所恐怖症

高所恐怖症は恐怖症の一つ。

不安障害の一つです。

私も高いところは苦手です。

しかし、単に高いところが苦手というのは、高所恐怖症ではなく、高所恐怖癖というらしい。

高い場所で本能的に危険を感じ、怖がるのは正常な反応です。

逆に高層マンションの最上階なんかで生まれ育った子供が、高いところが平気で、マンションの手すりなんかで遊んでたりする方が危険。高所平気症。

イスの上に立つだけでも怖い、というような人は、日常生活にも支障をきたしそうなので、精神科で診てもらったほうがいいかも。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク