2015年10月22日木曜更新.3,263記事.5,245,001文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

デュロテップしたままお風呂に入っちゃダメ?

スポンサーリンク


デュロテップ使用中の入浴

デュロテップの警告に以下のように書かれています。

警告
本剤貼付部位の温度が上昇するとフェンタニルの吸収量が増加し、過量投与になり、死に至るおそれがある。本剤貼付中は、外部熱源への接触、熱い温度での入浴等を避けること。発熱時には患者の状態を十分に観察し、副作用の発現に注意すること。

重要な基本的注意にも以下のように、

本剤貼付中に発熱又は激しい運動により体温が上昇した場合、本剤貼付部位の温度が上昇しフェンタニル吸収量が増加するため、過量投与になり、死に至るおそれがあるので、患者の状態に注意すること。また、本剤貼付後、貼付部位が電気パッド、電気毛布、加温ウォーターベッド、赤外線灯、集中的な日光浴、サウナ、湯たんぽ等の熱源に接しないようにすること。本剤を貼付中に入浴する場合は、熱い温度での入浴は避けさせるようにすること。

皮膚温が40℃以上で吸収が30%亢進。

深部体温が3度上昇するとCmaxが25%上昇するとされている。

熱い温度での入浴について注意がされていますが、40~41℃程度の温湯でも長時間の入浴によって血中濃度が上昇することが考えられます。

お風呂に入っちゃいけないというわけではありませんが、熱い湯、長湯は禁物です。

Q: デュロテップ™パッチ(フェンタニル)を貼付したまま入浴しても良いか?

A:貼付したままシャワーや入浴は可能であるが,加温すると皮膚温度や体温が上昇し,薬剤の放出量が増加して吸収が高まり血中濃度が上昇するので,極端に熱いお湯の使用や長湯は避ける。
熱がこもって皮膚の温度が上昇する可能性があるので,防水フィルムなどは使用しない。入浴中は貼付部位をタオルなどで強くこすらず,入浴後は貼付部位をタオルで強くこすらないように水分をふきとり,パッチが剥がれていないか確認し,剥がれていたら新しいものに貼り替える。ただし,入浴後すぐの貼り替えは体がほてり汗をかきやすいため避ける。また,サウナは皮膚温度を上げるので避ける。質疑応答 2009年9月

デュロテップ貼ってお風呂に入っちゃダメ?

低体温の患者に保温ブランケットを使用した結果、重篤な呼吸抑制が発現した報告もあり注意が必要です。
入浴の場合にはパッチを長時間高温の湯船につけると温度が上昇して吸収量が増加する恐れがあるため、パッチ貼付部位は湯船につけるべきではありません。

冬では熱源(電気カーペット、電気あんか、電気毛布、床暖房)に接しないように指導する必要があります。
添付文書にはこれらの熱源以外にも日光浴にも注意するように記載されています。

ビーチでの日光浴でなくても、夏にキャンプへ行き長時間屋外にいたことにより呼吸抑制が生じた症例も報告されているので、夏の炎天下や過度の運動など体温が上昇する可能性があるような状況には注意するように指導することを忘れてはなりません。

フェンタニルパッチの温度による影響では、皮膚温度が低くて十分な効果が得られないこともあります。
患者が死亡する直前に48時間ではフェンタニルパッチの効果が減弱し、モルヒネに切り替わる場合が多く、その原因として血圧が下がることにより皮膚の表面温度が低下し吸収に影響を与えることが考えられています。

フェンタニル貼付中の入浴

皮膚温が上昇すると薬剤の吸収が高まるため(皮膚温が3℃上昇すると最高血中濃度が25%増加することが薬物動態モデルよりシミュレーションされている)、高温での入浴や、電気毛布などの使用は避けます。

国外では、電気毛布の使用により吸収量が増加して過量投与となり、呼吸抑制に陥った例も報告されています。

また、発熱時の使用にも注意が必要で、貼付後に意識レベルの低下あるいは、意識消失を起こした副作用発現例では、それぞれ39℃、39.2℃の発熱が見られたことが報告されています。

発熱時の対応については、あらかじめ医師に確認し対処することが必要と考えます。

入浴温度は?

体温の上昇によりフェンタニルの吸収が上昇する可能性があるので、入浴は、冬を含めて40℃までの温度をお勧めしています。

入浴時間は?

10分以内で、汗をかかない程度の入浴を目安として下さい。

貼付部位は?

皮膚温度の上昇によりフェンタニルの吸収が上昇するため、直接お湯に浸かる部分は吸収されやすくなります。

したがって、お湯につかる部分は避けて、前胸部や上腕などお湯に浸からない部位に貼付してください。

デュロテップの特徴は?

麻薬として初の貼付剤。

1回の貼付で約72時間鎮痛効果持続。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

  • 5/21 のど飴は効くのか? (チラーヂン鉄剤服用中) 医師からチラーヂン(朝)と鉄剤(夜)を処方されてます。ここ最...

検索

スポンサーリンク

リンク

くすりの相談室
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ