2018年12月10日更新.3,339記事.5,761,897文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

オノンは効いているのか?

スポンサーリンク


オノンは効いているのか?

オノンはロイコトリエン拮抗薬。
炎症を引き起こすロイコトリエンの働きを阻害することによって効果を示します。
そのため、気管支炎や鼻炎などに効きます。

添付文書には、
「小児では一般に自覚症状を訴える能力が劣るので、本剤の投与に際しては、保護者等に対し、患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には速やかに主治医に連絡する等の適切な処置をするように注意を与えること。」
と書かれている。
確かに、効いてるのか効いてないのかよくわかりません。

鼻炎の原因はロイコトリエン?

花粉症の三大症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり。

そのうち、くしゃみ、鼻水には抗ヒスタミン薬が、鼻づまりにはロイコトリエン拮抗薬が効くと言われる。

しかし、抗ヒスタミン薬が鼻炎に全く効かないかというとそうではなく、また、ロイコトリエン拮抗薬が、くしゃみ鼻水に全く効かないかというと、そうでもない。
鼻炎や鼻水といった症状も、それぞれ単独で起きているわけではなく、相関している。
片方を抑えれば、他の症状も治まるという、副次的な効果も期待できる。

ロイコトリエンは悪者か?

気管支喘息やアレルギー性鼻炎の炎症を引き起こす主犯格としてロイコトリエンが悪者扱いされていますが、炎症反応は体を守るための大事な反応でもあります。
炎症を起こすことによって白血球を炎症部位に集め、免疫反応を強化することができます。

ロイコトリエンはSRS-A?

ロイコトリエンのことを以前はSRS-A(アナフィラキシー遅延反応性物質)とも呼んでいた。
気管支の収縮や粘膜の過敏性を高める作用を持つ。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

  • 11/27 デパス0.25mg? (ジョン) 0.25役に立ってます。 過眠症でモディオダール服用し、副...

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ