更新日:2017年1月4日.全記事数:3,117件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ヨーグルトでインフルエンザ予防?


スポンサードリンク

R―1乳酸菌

インフル対策「R―1」ヨーグルト飲料品薄 健康ニュース yomiDr.-ヨミドクター(読売新聞)

テレビで紹介 宮崎県は通常の予防呼びかけ

入荷を待つスーパーの陳列棚 インフルエンザが猛威を振るう中、「R―1」と呼ばれる乳酸菌を含むヨーグルト飲料が「予防効果がある」として注目を集めている。宮崎県内のスーパーなどで品薄状態が相次いでいるが、県は「まずは手洗いやマスク着用を」と、従来の感染予防を呼びかけている。

 県は2日、インフルエンザの大流行が懸念されるとして、今シーズン初めてとなるインフルエンザ警報を発令した。宮崎市内の病院では集団感染が発生し、小中学校などでも学級、学年閉鎖の報告が相次いでいる。

 子どもや高齢者が感染すると、脳症や肺炎を併発し、重症化する可能性があるため、県は手洗いやマスクの着用のほか、室内の湿度を50~60%に保つことや、ワクチン接種の重要性を強調している。

 感染の拡大を背景に、好調な売れ行きを見せているのが、R―1乳酸菌入りのヨーグルト飲料。佐賀県有田町の有田共立病院の調査で、町内の小中学生に毎日の給食で飲んでもらったところ、発症率が周辺市町の子どもたちと比べて低かったとする結果が出たという。

 インフルエンザの流行期を迎え、テレビの情報番組などが、このヨーグルト飲料を紹介すると、急激に売れ始めた。宮崎市内のスーパーには、買い物客からの問い合わせが、20件ほど寄せられる日もあり、たちまち完売。入荷待ちを伝える掲示をして対応している。

 飲料を製造、販売している「明治」広報部(東京)は「今年になって需要が高まり、フル操業しているが生産が追いつかない状況」と話す。一方、県感染症対策室は「科学的根拠や裏付けがあるわけではない」として、通常の予防の徹底を強調している。

(2012年2月4日 読売新聞)

以前店頭に並べてあったのを見ましたが、2~3個しか置いてなかった。

1回食べてみようと思ってたけど、けっこう高かったような。

楽天で値段を調べたら1個126円。

4個で150円のビヒダスとか買った方が良さげ。

R-1乳酸菌だけが特別とも思えないし。

インフルエンザとヨーグルト

R―1乳酸菌に「インフル」予防効果か 健康ニュース yomiDr.-ヨミドクター(読売新聞)

 R―1と呼ばれる乳酸菌の入ったヨーグルト飲料を飲んだ子供たちは、インフルエンザにかかる割合が低かったことが、佐賀県有田町の有田共立病院の調査で分かった。
 調査は同町の小中学生計1904人が対象で、昨年9月から今年3月まで、R―1乳酸菌入りのヨーグルト飲料を毎日の給食で飲んでもらった。
 この期間にインフルエンザに感染した同町の小学生は0・64%だったのに対し、周辺市町が1・90~10・48%、佐賀県全体で4・37%だった。中学生では、同町が0・31%、周辺市町1・31~7・06%、県全体2・57%だった。
 この調査は、ヨーグルト飲料を飲む場合と飲まない場合を厳密に比べた研究ではないものの、調査をまとめた有田共立病院の井上文夫院長は「R―1乳酸菌を使ったヨーグルトにインフルエンザ感染の予防効果がある可能性が示唆された」と話している。

R-1乳酸菌ってなんだ。

明治のヨーグルトか。

あんまり見たこと無いな。

私はもっぱらビヒダスを食べているので。

有田共立病院の調査で、って明治も絡んでるんだろうけど。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

お気に入りリンク

添付文書(PMDA)
Mindsガイドラインライブラリ
健康食品の安全性・有効性情報
管理薬剤師.com
DIオンライン