更新日:2015年12月22日.全記事数:3,124件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

脳脊髄液減少症の原因は交通事故?


スポンサードリンク

脳脊髄液減少症の発症原因

脳脊髄液減少症は、脳や脊髄を包む膜に穴が開き、髄液が漏れ出して頭痛や目まいが起きる。
原因が分かりにくく、病院でも精神的な病気と誤診されることもある。
交通事故などの衝撃が原因となる例が多いが、遊具から落下したり、金管楽器を吹いたりして発症した疑いのある子もいる。
交通事故、転倒転落、楽器の演奏、出産なども原因となる。

ブラッドパッチ

脳脊髄液漏出症は事故や吹奏楽の演奏などで、脳や脊髄を包む膜に穴が開き、髄液が漏れ出して起きるとされる。
患者自身の血液を注入し穴をふさぐ治療法「ブラッドパッチ」が有効だが、平均1回1万8000円かかる費用は全額自己負担となる。

 脳や脊髄の周囲を満たす脳脊髄液が事故などの衝撃で漏れ、激しい頭痛やめまい、倦怠(けんたい)感、視覚障害などが続く「脳脊髄液減少症」で、子どもは発症から1年以内に治療すると、改善する割合が96%に上ることが、高橋浩一・山王病院(東京都港区)脳神経外科副部長の調査でわかった。
 スポーツ中のけがや交通事故、尻もちなどで子ども(15歳以下)の時に脳脊髄液減少症を患い、同病院で治療した患者50人について調べた。うち28人はMRI(磁気共鳴画像)検査で異常が見られず、発症の経緯や症状、他の専門的検査でこの病気と診断された。
 発症して1年以内に、脳脊髄液が漏れる穴をふさぐブラッドパッチ治療を受けた患者24人のうち、23人(96%)で症状が軽減。治療効果は発症から年数がたつほど低下傾向だった。子の脳脊髄液減少症発症 1年以内に治療改善96% 医療ニュース yomiDr.-ヨミドクター(読売新聞)

早めの診断が重要ということですね。

たかがむち打ち、と思っていたら脳脊髄液減少症だった、なんてシャレになりません。

保険会社からはむち打ちに対する慰謝料しか払われなくて、一生付き合うことになる脳脊髄液減少症に対する治療費は自分で負担しなければならないなんて悔しいことこの上ないでしょう。

交通事故の後は、脳脊髄液減少症ではないかどうかを調べてもらう必要があります。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク