2018年9月24日更新.3,329記事.5,608,561文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

男も更年期障害になる?

スポンサーリンク


男性更年期障害とは?

更年期障害は女性特有のものと考えられてきました。

男性にも更年期障害と同じ症状が出ることがわかってきました。

男性ホルモンの分泌不足より、疲労感、頭痛、筋肉痛などの身体症状や、不安、イライラ、不眠、抑うつ感などの精神的症状が出ます。

男性更年期障害は、疲れの症状が出てくるパターンが多いです。

50代、60代男性の約6割が更年期障害

メンズヘルス外来を開設している城西クリニックは、一都三県在住の50~69歳の男女各200名を対象に「加齢と更年期に関する意識調査」を実施した。調査結果から、男性更年期障害の認知度と理解度の低さが浮き彫りになったという。

また、医療現場で多く用いられている簡易チェック(AMSスコア)を実施したところ、男性の63.5%に軽度~重度の男性更年期障害が疑われることがわかった。調査期間は2012年5月11日~13日。

男性に男性更年期障害について尋ねたところ、「具体的な症状も知っている」と答えた男性は13.5%であり、25.0%は「知らない」と回答。一方、女性に女性の更年期障害について尋ねたところ、「具体的な症状も知っている」と回答した人は83.5%となり、男性の更年期障害に比べて認知度が約6倍も高い結果となった。

男性更年期障害の認知に関して、「具体的な症状も知っている」「聞いたことはある」と回答した男性に、男性更年期障害の症状について尋ねたところ、「イライラ(28.0%)」、「憂うつな気分(27.3%)」、「総合的に調子が思わしくない(26.7%)」、「行動力(やる気)の減退(26.7%)」が認知度の高い症状として挙げられた。

一方で、「ひげの伸びが遅くなった(0.7%)」、「関節や筋肉の痛み(7.3%)」、「ひどい発汗(8.7%)」の3つの症状が特に認知度が低い結果に。精神的な症状については知られているが、肉体的な症状については認知度が低いことがわかった。50代、60代男性の約6割が更年期障害の疑いあり-城西クリニック(マイナビニュース) – goo ニュース

「イライラ(28.0%)」
「憂うつな気分(27.3%)」
「総合的に調子が思わしくない(26.7%)」
「行動力(やる気)の減退(26.7%)」
「ひどい発汗(8.7%)」

ここらへんは女性の更年期と同様の症状でイメージしやすいですね。

「ひげの伸びが遅くなった(0.7%)」
「関節や筋肉の痛み(7.3%)」

男性特有の症状は気づきにくいかな。
ってゆうかヒゲなんてどうでもいいし。

まあ50歳も過ぎたら、色んな不調が出てくるわな。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

タグ

検査値 調剤関連資料