更新日:2015年10月22日.全記事数:3,087件

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

うつ病は治るか?いつまで治療を続ける?


スポンサードリンク

どのくらいで治るか

症例によって差があり、一概には言えないというのが正直なところですが、2〜3ヶ月しっかり治療すれば回復する方がほとんどです。

回復後も維持期を同じぐらい設けて、再燃がないことを確認しながらゆっくりと薬を減らして治療を終えます。

再発

うつの発現のメカニズムの最初のステップはまだ解明されていませんので、再発するかどうかははっきりいってわかりません。

ただ、再発と再燃は違います。

治療が終わって抗うつ薬を服用しなくなって3ヶ月以内に不調となったら、それは一連のうつであって、再発ではなく症状が再燃したと考えるべきです。

治療者、当事者ともに回復を焦ったときに起こりやすいという印象を受けます。

再発や再燃は確かに避けたいものですが、避けられないことも多くあります。

そんなとき重要なのは、本人が、「一度経験したうつだから、軽微なうちにすぐ治療して早く回復させるのだ」という建設的な考えをもてるようにすることです。

うつ病は治る

うつ病は治りますか?

こんなストレートに質問をぶつけてくる患者さんはいませんが、いつまで薬を飲み続ければいいのか?この薬は効いているのか?など、不信感を抱いている人は多いと思います。

うつ病は治ります。

うつ病はね。

でも性格は治りません。

うつ病になりやすい性格、というのはあるでしょう。

治っても再発するリスクは高い。

抗うつ薬は効く

抗うつ薬は効くのか。

効く人もいますが、効かない人もいます。

当たり前ですが。

ただ、効かないと判断するまでの時間が短い、短気な人が多いです。

薬が効き始めるまで2週間から4週間かかります。

治るまで少なくとも3ヶ月はかかります。

焦らないで服用を続けることが大事です。

抗うつ薬の働き

うつ病はセロトニン不足が原因と言われています。

セロトニンは感情のブレーキの役割をしている物質です。

感情にブレーキがかからないと、沈んだ状態から抜け出せなかったり、満足感を得ることができません。

抗うつ薬はそのセロトニンを増やすような働きのある薬です。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

薬剤師向けリンク集
薬剤師必携書籍
添付文書(PMDA)

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク