更新日:2017年1月25日.全記事数:3,169件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

みかんを食べ過ぎると黄疸になる?


スポンサーリンク

みかんの食べ過ぎで柑皮症?

みかんを食べ過ぎると、皮膚が黄色くなります。

これは柑皮症といい、カロテンという色素(カロテノイド色素)が多い食物を極端に過食すると、皮膚に色素が沈着するために起こります。

みかんを触った手だけでなく、足の裏や鼻なども黄色くなります。

黄疸と間違うことがありますが、黄疸は白目が黄色くなるのに対して、柑皮症は黄色くならないので区別できます。

カロテノイド色素が多い食物の過剰摂取を止めれば自然に治るので、特に治療の必要はありません。
柑皮症を気にして、みかんを食べ過ぎないようにしている人がいましたが、そんなに気にする病気ではない。

子供のころ、やけに手や足の裏の黄色い友達がいましたが、今思うと柑皮症だったのかも知れません。

黄疸と柑皮症の違い

黄疸では血中ビリルビンが上昇し、それが鞏膜に沈着するので眼球結膜が黄染します。

しかし柑皮症では眼球結膜が黄染しないため、柑皮症と黄疸の鑑別には、血中ビリルビン値の測定と眼球結膜の観察が重要です。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク