更新日:2016年12月23日.全記事数:3,169件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

胃カメラの代わりにPPIテスト?


スポンサーリンク

PPIテスト

GERDやLPRDを診断するには通常、酸逆流がどの程度起こっているか調べる24時間食道内pHモニタリングや、食道や下咽頭・喉頭の炎症所見を調べる内視鏡検査が行われる。
しかし、これらの検査は患者に肉体的負担を強いる上、コストも高い。
このため最近、欧米を中心に「PPIテスト」と呼ばれる診断法が広く行われるようになってきた。
PPIテストは、GERDやLPRDが疑われる患者に対して常用量のPPIを1~2週間程度投与することで酸逆流を抑制し、症状が軽快するか否かを見る方法である。
症状が改善すればPPIを継続投与し、徐々に減量するステップダウン療法が推奨されている。
PPIテストの感度、特異度は24時間食道内pHモニタリングに匹敵し、患者の身体的・経済的負担も少ない。
ただし、PPIは胃・食道悪性疾患の症状を隠ぺいする恐れがあるので注意が必要である。
わが国の保険診療下では、GERDの診断がつかない段階でPPI常用量を用いることはできない。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク