更新日:2017年1月1日.全記事数:3,169件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ルネスタはアモバンの強力版?


スポンサーリンク

ルネスタはエスゾピクロン?

アモバンはゾピクロンで、ルネスタはエスゾピクロン。
なんかザイザルとかネキシウムとか、こういうの多いですね。

全くの新薬を作るより簡単なんだろうけど。

ルネスタはアモバンの鏡像異性体のエス体。
大した違いは無さそうです。

エーザイの担当者によると、脳内の覚醒系の神経伝達の抑制を担う神経伝達物質(GABA)の効果を増強させることで睡眠を誘発する。長期連用しても、有効性が減弱しないことが特長という。

苦味もアモバンより強力なのかな、と思ったら、苦味は軽減されているという話。

アモバンの強力版といっても、しょせんアモバン。
どの程度のニーズがあるのだろう。

アモバンとルネスタ

ゾピクロンは鏡像異性体(エナンチオマー)が存在し、R体とS体が同じ割合で含まれる混合物(ラセミ体)である。
エスゾピクロンは中枢神経系のγアミノ酪酸(GABA)受容体複合体に結合し、GABAによる塩化物イオンの神経細胞内への流入を促進することでGABAの効果を増強し、催眠作用を示す。

ゾピクロンの薬理活性の大部分はS体に起因することが明らかになっている。
催眠作用や抗不安作用への関与が示唆されるGABAA受容体の4種のサブユニット(α1、α2、α3、α5)に対するエスゾピクロンの結合親和性は、いずれもゾピクロンに比べて高かった。
R体はGABAA受容体に対する親和性はなく、鎮静作用は有していないものと考えられている。
また、生体内でS体とR体での相互変換はなく、R体はS体の体内動態に影響を及ぼさない。
従って、ゾピクロンの薬効はS体のエスゾピクロンの量に依存すると考えられる。
このため、ゾピクロンの用量は成人の場合7.5~10mgであるのに対し、エスゾピクロンは2~3mgと大幅に少なくなっている。

ルネスタの特徴

エスゾピクロン(eszopiclone、商品名: ルネスタ)はシクロピロロン系の超短時間作用型睡眠導入剤。
アメリカの製薬会社、セプラコールが創薬した。

ゾピクロンの (S)-鏡像異性体であり、ゾピクロン同様、GABA受容体に作用し効果を示す。

日本では2007年からエーザイがライセンス契約を結び、開発並びに販売に関する権利を取得しており、2011年には厚生労働省薬事・食品衛生審議会より承認されている。
エスゾピクロンは、EMAによって新規特許製品とするにはゾピクロンと似すぎていると2009年に判断されたため、欧州では販売されていない。

ルネスタにも苦味はあるのか?

ゾピクロンは徐波睡眠を回復するが、口中に苦味が出現することがある。

ルネスタ、アモバンともに苦味があり、これはゾピクロンのR体とS体がともに有する性質である。
添付文書では、味覚異常の発現率がゾピクロンでは4%、エスゾピクロンでは約36%となっており、エスゾピクロンの方が高頻度に報告されている。
しかし、治験の時代背景により有害事象の抽出感度が異なる可能性もあり得る。
一方、エスゾピクロンは投与量自体が少ないため薬物の曝露量が減少し、苦味が抑えられる可能性を指摘する論文も少なくない。

ゾピクロン、エスゾピクロンともに、体内吸収後に一部が唾液中に分泌されるため、翌朝にも苦味が残ることがある。
苦みは用量に依存して発現するほか、唾液量とも関係することが分かっている。

エナンチオマーとは?

エナンチオマー(鏡像異性体)とは、右手と左手のように互いに重なり合わない鏡像である一対の立方異性体の一方のことで、エナンチオマーが等量ずつふくまれる混合物をラセミ体と呼ぶ。

生体内で働く機能分子(酵素や受容体など)は選択性がありR体とS体を認識するため、これらのエナンチオマーは、生体内では互いに異なる生理活性をもつ場合が多い。

参考書籍:日経DI2014.8

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク