2019年2月19日更新.3,370記事.5,917,338文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ストーマつけてても入浴できる?

スポンサーリンク


ストーマと入浴

装具には防水効果があるため装具を装着したまま湯船に入ることができる。
なお、排泄物が頻回に出ないS状結腸ストーマの場合は、装具を外してストーマを露出した状態で湯船に入ることも可能である。
腹圧があるため湯船に入ってもストーマから湯が体内に逆流することはない。

ストーマ患者が入浴したら、ストーマからお湯が腸内に入ってきそうですが、そんなことは無いらしい。
水圧よりも腸内圧のほうが高いので、腸の中にお湯が入ってしまうことは無い。

ストーマによって入浴が制限されることはありません。むしろ、入浴時に密閉状態のストーマ周りの皮膚を空気に直接触れさせ、また皮膚をていねいに洗浄するのに必要なことです。ただし、共同浴場では必ずストーマ装具を装着して入浴しなければなりません。公益社団法人 日本オストミー協会|役立つ情報|日常生活上の注意|4

入浴は、排便がない時間帯(食前か食後1~2時間位たってから)にしたほうがいい。
回腸ストーマだと、水様便で流れ出やすいので、食前に入浴した方がいい。

ストーマを洗っても大丈夫。
装具を外しての入浴は、ストーマ周囲の皮膚を清潔に保ち、皮膚のかぶれやただれなどの異常を発見するいい機会になる。

ストーマとは?

医療従事者なら当たり前なんでしょうが、お腹に穴を開けて便を出すという方法があります。
いわゆるストーマ。

腸を引っ張り出して、穴を開けて、肛門の代わりに便を出す。
なんでそんなことをするかと言えば、肛門から排泄できないから。

大腸がんで腸を切った人とか、腸閉塞で切った人とか。

ストーマ – Wikipedia

内臓が出てるなんて気持ちわりー、とか思ってしまう。
便の垂れ流し状態なので、臭いも気になる。
そんなストーマ患者の心理を察することが大切。

ストーマ位置と便の性状の違いは?

回腸ストーマ:水様便
上行結腸ストーマ:水様便~泥状
横行結腸ストーマ:泥状~軟便
下行結腸ストーマ:軟便~固形便
S状結腸ストーマ:ほぼ固形便

ストーマ患者は臭い?

ストーマのある人が注意する食事
①えび、かになどの甲殻類、ニラ、ネギ、ニンニクなどの臭いの強い食品や動物性タンパク質は、便の臭いを強くするので気になる場合は控える。
②ビールや炭酸飲料、発酵食品、いも類などはガスの発生を多くするので、気になる場合は控える。
③特にイレオストミーの場合、脱水や電解質のバランスが崩れるのを予防するために、水分や塩分を十分に補給する習慣をつける。

人工肛門造設患者の留意点

人工肛門とは、大腸癌などで肛門や直腸を切除した後、便を排出するため腹部に造設した排泄口のことで、ストーマとも呼ばれます。
ストーマには括約筋がなく、便が自然に排泄されていくため、袋状の装具を皮膚に装着して、そこに便をためて管理します。
装具は数日ごとに新しいものと取り換える必要があります。
その取り扱いや交換方法は、造設の手術を行った病院の看護師が患者に説明しています。

ストーマを造設した患者によく見られるのが、ストーマ周囲の皮膚トラブルです。
定期的に装具を交換しているとはいえ、便が皮膚に長期間付着しているとただれやすくなります。
ただれに対しては、その原因を考え対処しますが、ストーマケア用に作られたパウダー状の皮膚保護剤を使うことが多いです。
軟膏は油分が多く、装具の装着が悪くなるので、安易なステロイド軟膏の使用はお薦めできません。

スポンサーリンク

腎機能障害時に注意が必要な抗真菌薬は?

IMG_0670
薬剤師

アゾール系抗真菌薬のほとんどが肝代謝酵素CYP3A4を阻害するが、腎機能障害時に特に注意が必要となる抗真菌薬の組み合わせはどれか。
A. ボリコナゾール注(ブイフェンド)-フルコナゾール注(ジフルカン)
B. ボリコナゾール注(ブイフェンド)-イトラコナゾール(イトリゾール)
C. ボリコナゾール注(ブイフェンド)-ミコナゾール(フロリードゲル)
D. フルコナゾール注(ジフルカン)-イトラコナゾール(イトリゾール)
E. フルコナゾール注(ジフルカン)-ミコナゾール(フロリードゲル)
F. イトラコナゾール(イトリゾール)-ミコナゾール(フロリードゲル)

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事(月間)


リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

SNS

検索


スポンサーリンク