更新日:2015年10月22日.全記事数:3,169件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

グルベス配合錠はいつ飲む?


スポンサーリンク

グルベス

グルファストとベイスンの合剤というのがあります。
グルファストとベイスンで、グルベス。

グルファスト(ミチグリニド)による速やかなインスリン分泌抑制作用とベイスン(ボグリボース)による食後の糖質消化・吸収遅延作用により、食後高血糖を改善する。

アクトスとメルビンの合剤とか、アマリールとアクトスの合剤とか、アマリールとメルビンの合剤とか、ありますが、グルファストやベイスンは用法が違うからなあ。

くっつけるとしたら、この2つになるということか。

グルベスの用法

通常,成人には1回1錠(ミチグリニドカルシウム水和物/ボグリボースとして10mg/0.2mg)を1日3回毎食直前に経口投与する。

食直前

食前と食直前の違い。

食前は、食事のおよそ30分前。
食直前は、食事の直前。

食前という指示でも、食事の直前に飲むことが多いですが。

ベイスンなどのαグルコシダーゼ阻害薬と、グルファストなどの速効型インスリン分泌促進薬も食直前の用法。

しかし、ニュアンスが多少違う。

αグルコシダーゼ阻害薬は、食事中あるいは食直後でも効果がみられる。
速効型インスリン分泌促進薬では、食事中や食直後に飲んでは効果は低い。

ファスティックやシュアポストでは食前10分以内。
グルファストは食前5分以内、という用法になっている。
それ以前に飲んでは、低血糖のリスクが高まる。

ファスティックでは10分の猶予があるように見られるけど、なるべく早く食事は開始してもらったほうが低血糖のリスクは減る。

食直前と言っても、忘れそうだからと言って、早めに服用してしまう患者さんもいる。

食卓に置いて、本当に食事をする直前のタイミングで飲んでもらう。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク