更新日:2015年10月22日.全記事数:3,190件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

歯科大は不人気?


スポンサーリンク

歯科大値引き合戦

asahi.com(朝日新聞社):私立歯科大、納付金値下げ合戦 学生確保へ半値も – アピタル(医療・健康)

 「高額」のイメージが強い私立の歯科系大学で、授業料など納付金の大幅な引き下げが相次いでいる。ここ数年、入学者数の低迷が続き、各大学は「値下げ合戦」に勝ち抜いて優秀な学生を確保しようと懸命だ。
 私立の歯科系大学は全国に17校ある。日本私立歯科大学協会によると、在学する6年間に学生が納める平均額は、2011年度で約2900万円。07、08年度の約3300万円から1割以上減った。値下げが本格化したのは、3校が引き下げた10年度の入試から。11年度は8校が引き下げ、2千万円を切る大学も出てきた。12年度も3校が引き下げたという。
 松本歯科大(長野県塩尻市)は、値下げ幅が際立つ。08年度まで最も高い約5700万円を集めていたが、09年度に約5200万円、10年度に3200万円、12年度は一気に08年度の3分の1近い2048万円まで下げる。他校が納付金を下げて志願者数を増やしたのに倣ったという。値下げは、在校生には適用されない。
 同校では08年度、113人の募集人員に対し、入学者が前年度の半分以下の40人に落ち込んだ。その後も40人前後が続く。同校の幹部は「このままでは2~3年で学生が来なくなるという危機感があった。これ以上下げる大学が出たら、もうついていけない」。
 入学者が募集人員の4分の1にあたる24人にまで減った奥羽大(福島県郡山市)は、11年度に納付金を550万円下げて2175万円にした。教育設備の整備が終わったためというが、担当者は「学生確保という側面もある」と話す。
 東京電力福島第一原発事故が、来年度の入学者数に影響する可能性もある。ただ、担当者は「教育の質を落とすわけにはいかない」と、これ以上の値下げには否定的だ。
 値下げの引き金は、学生数の深刻な落ち込みだ。08年度に志願者数が計1万人を割ると、09年度からは4千~5千人台で推移。入学者も、11年度は17校中10校で募集人員を下回った。
 背景には、歯科医師の増加がある。98年には人口10万人あたり69.6人だったのが、08年は77.9人。「過剰論」も取りざたされ、国も各大学に定員見直しを求めている。一方で医学部の定員は、過去最多だった11年度の8923人からさらに増えるため、学生が流れたとみられている。
 日本私立歯科大学協会によると、授業で高額な医療機器や3千点にも及ぶ実習資材を使うこと、教員や職員の人件費の負担などから、納付金が高額になるという。同協会の安井利一副会長は「良い学生に入ってもらうためには、学校側の持ち出しもやむを得ない。教育の質は維持できる」と話す。
 教育情報会社「大学通信」(東京都)の安田賢治ゼネラルマネジャーは「国公立に比べ、私立の学費は高い印象だった。学生にとっては歓迎できる話だが、値下げして今まで通りの環境が保てるかどうか。そこがきちんと示されないと、学生側は不安では」と話している。

明日の薬科大を見ているようだ。
歯科医は過剰なんだから、志願者が減るのはバランスが取れて、現役歯科医にとっては良いことなのかも。
でも、大学とか簡単につぶせなさそうだから、そのうちなりふり構わず、教育の質を落としてでも値下げして学生を集めるようになるんじゃなかろうか。
薬科大もね。

歯科大不人気

私立歯科大の6割が定員割れ – 医療介護CBニュース – キャリアブレイン

 全国17の私立歯科大や歯学部のうち、約6割が「定員割れ」になったことが5月25日、文部科学省の調べで分かった。
 17の私立歯科大や歯学部のうち、入学者が定員(募集人員)を下回ったのは10大学・学部(58.8%)で、定員と同じなのが4大学・学部。入学者が定員を上回ったのは日本歯科大生命歯学部、明海大歯学部、朝日大歯学部の3大学・学部のみだった。
 定員割れの大学・学部数は、2009年12校、昨年11校、今年10校と推移している。
 定員割れの10大学・学部のうち、奥羽大歯学部では定員96人に対し、入学者は4分の1の24人にとどまった。北海道医療大歯学部でも入学者が41人と定員(86人)の半分を割り込んだ。全国17大学・学部の合計では、定員1825人に対し入学者は1524人。昨年と比べると定員が66人減少する一方、入学者は35人増加した。
■14大学・学部が競争率2倍以下―受験者全員合格の大学も
 また、全国17の私立歯科大・歯学部のうち、入試競争率が2倍以下の大学・学部は14校(82.4%)だった。松本歯科大では、受験者81人全員が合格した。
 倍率が2倍以下の大学・学部数は、09年13校、昨年14校、今年14校と推移している。

薬科大の定員割れは3割くらいでしたか。
近い将来歯科大に追いつくでしょうね。
いいんじゃないでしょうか。
歯科医も薬剤師も過剰だったら、希望者が少なくなれば適正な人数に落ち着く。
歯科医になるのも薬剤師になるのも、6年も通って学費も馬鹿にならないし、大変です。
大変な思いをして、結局ワーキングプアじゃやってらんない。
学生も慎重に大学選びをしているのでしょう。
大学経営は厳しい時代でしょうけど。
少子化だから仕方が無い。

スポンサーリンク

関連する記事

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ