2019年3月19日更新.3,395記事.5,972,840文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

リリカはてんかんにも効く?

スポンサーリンク


リリカの適応症は現在「末梢性神経障害性疼痛」のみです。
海外では他にも、てんかんや線維筋痛症、全般性不安障害などにも適応があります。
ガバペンと似たような薬なので、てんかんにももちろん効くのでしょうね。
でも、今のところてんかんに適応拡大する意向は無いらしい。
ガバペンもリリカもファイザーの薬。
てんかんにはガバペン、疼痛にはリリカという住み分けをしたいらしい。
両方とも在庫を抱えている薬局にとっては、リリカに統一してほしいでしょうけど。

線維筋痛症が抗てんかん薬で緩和

東京新聞線維筋痛症 治療進む 昨秋保険適用  抗てんかん薬で緩和も健康(TOKYO Web)

 体のあちこちに激しい痛みが出る線維筋痛症。知名度はまだ低く適切な診断や治療を受けられないまま、医療機関を転々とする患者も多い。一方、使える薬が増えるなど、療養環境は変化しつつある。
 三重県東員町の女性(60)は十数年来、腕や背中など全身を襲う激痛に苦しんできた。ひどいときは、箸を持つだけで痛みが走った。整形外科などを何カ所受診しても「原因不明」「異常なし」と言われるばかり。痛みを周囲に信じてもらえなかったのがつらかったという。
 線維筋痛症と診断され、昨秋から同症を含む「末梢(まっしょう)神経障害性疼痛(とうつう)」で使えるようになった抗てんかん薬、プレガバリン(商品名リリカ)を服用。体に合ったのか、痛みが和らいでいる。「もっと早く診断してもらい、薬を処方してもらえたら」と感じている。
 線維筋痛症の痛みは、痛みを感じる神経の異常などが原因との説があるが、根本的な原因は明らかになっていない。激痛で日常生活が困難になる人も多い。
 関節リウマチのような関節の炎症はなく、エックス線検査や、炎症反応を見る血液検査で異常を示さないのも特徴だ。
 国内では、一九九〇年にできた米国リウマチ学会の基準に基づき、医師が診断。広い範囲の痛みが三カ月以上続き、決められた全身十八カ所の圧痛点を四キロの力で押し、十一カ所以上に痛みがあれば線維筋痛症と判定している。
 全国に二百万人の患者がいるとの推計もあるが、病気の認識や診断技術が広がっていないこともあって、実際に治療を受けている人は、ごくわずか。二〇〇四年の調査では、症状が出てから初診に至るまでの時間は平均四・三年。男女比では一対五で女性が多く、中年以降で多発する。
 痛みとともに、疲労感や関節のこわばり、抑うつ症状を伴うことによって、関節リウマチやうつ病などと間違えられやすい。関節リウマチなど症状の似た病気との併発もしばしばあることが、この病気の診断を困難にしている。
 線維筋痛症に詳しい藤田保健衛生大・七栗サナトリウム(津市)の松本美富士(よしふじ)教授(内科)は「誤った診断から、効果的でない無駄な治療が続けられるケースが後を絶たない」と指摘する。「圧痛点を四キロの力で押す」など、診断基準が専門的過ぎることも、診断が一般に広がらない要因のようだ。松本教授が注目するのは、昨年、米国で提唱された新しい診断基準だ。
 新基準では、痛みや疲労感などを問診し、答えを数値化、一定以上の点数だと「線維筋痛症の可能性が高い」と判断。合計点数によって重症度も分かる。東京の一部の医療機関で検証が済み、年内にも全国的な検証が始まる予定。「専門的な技術がなくても診断でき、早く治療につながる」と松本教授は期待する。
     ◇
 線維筋痛症は原因不明のため、治療は、痛みを抑え、和らげる対症療法に終始している。
 一般的な痛み止めである非ステロイド性抗炎症薬は効かないことが多く、神経伝達物質セロトニンなどの再取り込みを阻害する抗うつ薬(SSRI、SNRI)、抗てんかん薬のプレガバリンなどを用いることが多い。全員に効く薬はなく、使ってみて効果を確かめるという状態だ。
 抗うつ薬は多くの患者で保険が使える。患者の七割で抑うつ症状が現れ抑うつの治療薬として処方できるからだ。これらの抗うつ薬を用いると、痛みを抑える神経回路が活発になり、痛みが抑えられると考えられる。プレガバリンが昨年、末梢神経障害性疼痛で保険が適用されるようになるなど、海外で有効とされる薬が、国内でも徐々に使えるようになってきた。
 軽い運動が症状軽減に有効な場合もある。ストレスを減らす生活習慣の見直しも有効とされる。
 線維筋痛症を診る医療機関は、日本線維筋痛症学会(学会名で検索)ホームページで閲覧できる。

抗てんかん薬って言っちゃってます。
プレガバリンはてんかんに適応ありませんが。
「圧痛点を四キロの力で押す」。
四キロの力ってどのくらいだ?
結構強めかな。

スポンサーリンク

うっ血性心不全患者に禁忌の抗血小板薬は?

IMG_0670
薬剤師

下記の抗血小板薬のうち、添付文書上、うっ血性心不全の患者に対して禁忌の薬剤はどれか。
A. アスピリン
B. クロピドグレル
C. シロスタゾール
D. プラスグレル
E. チカグレロル

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事

  1. 粉砕してはいけない薬一覧
  2. モーラステープを小児に使っても良いか?
  3. 配合不適・配合注意一覧
  4. 一包化に適さない薬一覧
  5. 柴胡加竜骨牡蛎湯はハイリスク薬?
  6. PPIの処方は8週間まで?
  7. 患者が使い残した麻薬はどう処分する?
  8. 湿疹と発疹の違いは?
  9. ゲルとゾルの違いは?
  10. ヒルドイドクリームとソフト軟膏の違いは?
  11. ユベラとユベラNの違いは?
  12. タミフルは5日分飲みきらなきゃダメ?
  13. レセプト摘要欄に記載する事項
  14. ベルソムラを粉砕してもいいか?
  15. コンタクトレンズしたまま点眼してもいい?
  16. リリカ1日1回はダメ?
  17. 処方せん同日受付は受付1回?
  18. ジスキネジアとジストニアとアカシジアの違いは?
  19. リリカを急に止めてはいけない?
  20. 塗り薬は混ぜちゃダメ?

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク