更新日:2017年1月22日.全記事数:3,169件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

インヴェガはリスパダールの強力版?


スポンサーリンク

インヴェガとリスパダールの違い

抗精神病剤「インヴェガ®錠」承認取得のお知らせ

 「インヴェガ®錠」の有効成分であるパリペリドンは、ヤンセンファーマスーティカN.V.社(本社:ベルギー)によって創成されました。本剤は強力な抗ドパミン作用により統合失調症の陽性症状(幻覚、妄想など)に優れた効果を示すとともに、抗セロトニン作用により統合失調症の陰性症状(感情的引きこもり、情動鈍麻など)にも効果を有することが確認されています。
 
 本剤は抗精神病薬では初となる浸透圧を利用した薬物放出制御システム(OROS®)を用いた徐放性経口製剤であり、本剤を1日1回、朝食後に服用することで、24時間にわたりパリペリドンを持続的に放出し、定常状態での血中薬物濃度の日内変動幅を抑えます。
 
 統合失調症は長期にわたる維持療法が必要な慢性の精神疾患であり、維持治療期における精神症状の再発、再燃防止と患者のQOL向上が重要な治療目標と位置づけられています。薬物による継続治療においては、患者自身の治療への積極的な参加(アドヒアランス)が重要となります。
 
今回の承認に際し、ヤンセンファーマのトゥーン・オーヴェルステンズ社長は、以下のように述べています。「抗精神病薬で初となるOROS®技術を用いてパリペリドンを徐放化した新薬であり、確実な症状改善効果と24時間にわたる血中薬物濃度の安定、さらに1日1回朝食後に服薬という簡便性により、患者さんの治療満足度とQOLの向上に寄与することが期待されます」。
 
 ヤンセンファーマでは、2週間に1回で効果が持続する「リスパダール コンスタ®筋注用」、リスパダール®の内服薬4剤(錠剤、細粒剤、内用液、口腔内崩壊錠)を販売しております。今回、「インヴェガ®錠」が新たに製品ラインナップに加わることで、患者さんの要望にあわせた薬剤選択の幅がより広がります。

パリペリドン(インヴェガ)は、セロトニン・ドパミン受容体拮抗薬の一つであるリスペリドン(リスパダール)の主活性代謝物だそうです。

リスペリドン製剤は1日2回投与が必要であるのに対し、インヴェガ錠では、1日1回の投与でパロペリドンの血中濃度を24時間維持できる。

リスパダールとインヴェガの併用はNGってことかな。

でも、精神科医ならやりかねない。

インヴェガの用法は朝食後じゃなきゃダメ?

インヴェガの用法は添付文書上「朝食後」です。

朝食後じゃなきゃダメです。保険請求上は。
でも、朝食食べない患者は結構いる。

ほとんどの患者が昼夜逆転してるし。
どうすりゃいいの。

食事の影響はあるらしい。空腹時より食後のほうが効果が高い。徐放錠なので。
ただ、朝でも昼でも夜でも、大した差は無い。

朝排泄する人が多いからなるべく長く薬を体内に留まらせて・・・とかいう理由らしいけど、まあ、コンプライアンスを良好に保つほうが優先。

リスパダールからインヴェガへの切り替え

リスパダールを漸減して、インヴェガを漸増、みたいな切り替え方じゃなくて良いようで。

スパッと切り替え。
併用は避けることが望ましい、と書いてありますが、リスパダールとジプレキサ等々の併用もあるので、併用もあるんじゃないかと。

リスペリドン1:2バリペリドンという話。
リスパダールは代謝されてから働くので、代謝酵素の個人差によって効き方にムラができます。

その分、活性代謝物であるインヴェガは、安定した効果が期待できると。

リスパダール

セロトニン・ドパミン遮断薬(SDA)。

強力な5HT2A/D2遮断作用。

鎮静作用はそれほど強くないが、抗幻覚・妄想作用は強い。

非定型薬の中では錐体外路症状やプロラクチン値上昇を来たしやすい。

注射:1回の注射で効果が2週間持続。

スポンサーリンク

コメント

  1. 私の場合、インヴェガを服用して、朝方、眠気が来る為、夕方、服用することになり、眠剤、一日に服用する薬の量が減りました。インヴェガを服用する様になってら、2年、入院せずに済んでいます。インヴェガの㎜数を減らして調子が悪くなった事がありましたが、通院で何とかなりました。後は、体調は、いいのですが、どうも意欲が湧きません。それは、今後の課題です。

    インヴェガ6㎎2錠、クエチアピン25㎎、バレリン200㎎1日6錠、チラージンS上50㎎2錠、25㎎1錠、メバロチン錠5 5mg、ディオバン80㎎1錠、アムロジピン5㎎ 1錠、マグミット330㎎ 1錠

    F.S:2017/3/31

  2. リスパダール3mmでぐったり副作用強く、ルーランに変えて3ヶ月一日夕方8mm服用、効果弱く次の日の昼には切れているのか空笑いあり、今回インブェガ6mm服用毎夕、これて妥当?外来通院です。生理数年とまっています。10年くらい前よりリスパだール服用で、インブェガはどうか?生理もきますか?

    のんチャン:2017/2/8

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク