更新日:2015年10月22日.全記事数:3,137件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

エビリファイの錠剤と内用液では薬物動態が違う?


スポンサードリンク

エビリファイ錠と内用液の薬物動態の違い

エビリファイは、錠剤より内用液のほうが早く効くという話。

インタビューフォームで調べてみると、エビリファイのTmaxは、錠剤の場合3.5±1.7で、内用液の場合2.6±1.0です。

1時間くらい早いね。

そのため、錠剤から内用液に切り替えた場合に、効果や副作用に違いが生じるという話も。

エビリファイ

ドパミンD2受容体の部分アゴニスト。

錐体外路症状やプロラクチン値上昇はほとんど見られない。

鎮静は弱いが、投与早期の不安、焦燥、アカシジアに注意。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク