2019年2月17日更新.3,368記事.5,927,257文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

妊娠中に栄養ドリンク飲んじゃダメ?

スポンサーリンク


妊婦と栄養ドリンク

毎日何本も飲むのではなく、用法・用量どおりに飲むのであれば大丈夫です。

バランスのよい食事をしていればビタミンや栄養不足になることはほとんどありません。
しかし、滋養強壮や虚弱体質の改善、病中病後の栄養補給の目的で飲む場合、妊娠2〜3ヶ月の絶対過敏期を避けることで、より安心できます。

ドリンク成分のなかで、特にビタミンAの過剰摂取は、胎児に悪い影響があるといわれており、注意が必要です。
しかし、一般に薬局や小売店で売られているドリンク剤でビタミンAを含有する製品はほとんどありません。

ドリンク剤は、1本あたり平均100㌔㌍あり、何本も飲むとカロリーの摂りすぎになります。
市販のドリンク剤のなかで妊娠中に服用すると問題があると思われる成分としては、カフェインが考えられますが、普通は1本につき50mg程度の量です。

コーヒー1杯ほどの量なので、あまり心配する必要もありませんが、多量に摂取すると、吸収されたカフェインの一部が血液・胎盤関門を通過し、胎児の心拍数を増加させる可能性があります。

妊娠中に積極的に摂ったほうがよい栄養素として、鉄分、カルシウム、ビタミンD、ビタミンB6などがあり、これらを含有したノンカフェインタイプのドリンク剤を選択するのが適切です。

ドリンク剤のなかにはアルコール分がごく微量含まれているものが多く、アルコールに弱い方や妊婦、子どもには悪影響を与えることがあります(アルコール分が1%以上だと酒類となります。

参考書籍:調剤と情報2012.8

スポンサーリンク

服薬指導のツボ⑩

IMG_0670
薬剤師

今日も服薬指導で心が折れる

処方箋をみて、「これは時間がかかるな」とある程度経験を積んだ薬剤師であれば判断できます。
一包化だったり、錠剤の半割、軟膏の混合、粉砕とか来たら最悪。
しかし、患者にはどのくらいの時間がかかるのか予想するのは難しい。
すぐできると思っていて1時間近く待たされたら、怒り心頭の気持ちもわかります。
先生

↑こういう患者いるよねー

薬剤師の情報収集法

時間の無い医療従事者にとって、効率的な情報収集は必要不可欠です。
私は学生時代から効率的な勉強方法を探って生きてきました。
例えば、1時間でいかに効率よく勉強するか、ということを1週間かけて考えていました。。。今になって思えば1週間勉強すればよかったと思います。
とにかく、この情報過多の時代を生き残るカギは、質の高い情報をいかに入手するかということにかかっていると思います。

有象無象の情報がうずまく社会、インターネットでググってウィキペディアで調べるという私の得意技でもありますが、一般人と同じようなことをしていて薬剤師という専門性の高い職種の職能を発揮できるでしょうか?
自虐的になりますが、こんなくだらないブログを見るより専門性の高いサイトで情報収集したほうが有益でしょう。ぃぇ、私のブログも有益な情報を提供したいとは思っていますが。

私の情報収取先として重宝しているのが、
国内最大級の医療従事者向け会員登録制サイト「m3.com」エムスリードットコムです。

求人情報が頻繁に来るのはウザイですが、情報の質はやはり医療従事者向けということで必要な情報が上がってきます。たまに、「こんなクソ薬局辞めてやる!」と自暴自棄になる私にとっては求人情報もある種の心の拠り所にもなったりします。
「m3.com」エムスリードットコムも登録は無料ですが、他の登録制の医療従事者向けサイト、ケアネットとか、日経メディカルとかも無料ですので、ひと通り登録しておいて損は無いと思います。自分に合った情報入手方法で日々の勉強を共に頑張りましょう。

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事(月間)


リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

SNS

検索