更新日:2016年12月21日.全記事数:3,169件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

デパスは睡眠薬?


スポンサーリンク

デパスで眠くなる?

デパスの適応症は、

神経症における不安・緊張・抑うつ・神経衰弱症状・睡眠障害
うつ病における不安・緊張・睡眠障害
心身症(高血圧症,胃・十二指腸潰瘍)における身体症候ならびに不安・緊張・抑うつ・睡眠障害
統合失調症における睡眠障害
下記疾患における不安・緊張・抑うつおよび筋緊張
  頸椎症,腰痛症,筋収縮性頭痛

睡眠障害への適応もあり、睡眠薬として使われているケースも多いです。

でも薬効分類的には、睡眠薬というより抗不安薬。

睡眠薬としての処方が多い理由は、向精神薬に分類されていないから。

向精神薬だと、処方日数の上限があります。

以前は14日まででした。

そのため、睡眠薬代わりに、という考えでデパスの処方が行われていた背景も。

デパスはチエノジアゼピン系?

エチゾラムはベンゾジアゼピン系薬剤に分類される薬剤ですが、ベンゾジアゼピンとは、窒素原子2個を有する7員環にベンゼン環が縮合した構造をさしています。

エチゾラムは窒素原子2個を有する7員環にベンゼン環ではなくチオフェン環が縮合した構造を持っているので、正確にはチエノジアゼピン誘導体と呼ばれますが、催眠作用などの作用はベンゾジアゼピン系薬剤と同様とされ、一般的にはベンゾジアゼピン系薬剤と呼ばれることが多いようです。

睡眠薬が効く理由は抗不安作用?

従来の睡眠薬は抗不安作用を有しているため、不眠が改善しても、それが睡眠に対する直接的な効果なのか、不安が抑制されて寝つきがよくなったのかが不明でした。

もちろん、交感神経が優位になっている方に抗不安作用を持つ睡眠薬を用いるのも有効ですが、睡眠の導入そのものがうまくいかない方には、睡眠そのものに働きかけるというのがラメルテオンの特徴です。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク