更新日:2015年11月2日.全記事数:3,169件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

レーシック手術は危険?


スポンサーリンク

レーシック手術の問題点は?

・すべての人が受けられるわけではない
→受けられない、もしくは要検討のケース:角膜が薄い、眼疾患がある、内科疾患(糖尿病・膠原病など)がある、視力が安定していない、老視が始まる年齢であるなど

・ドライアイになることがある(一過性のこともある)

・術後、一過性に夜間の光の見え方などに多少の異常が現れる(グレア・ハロ現象)

・色彩のコントラストの感度が低下することがある

・手術を受けても、加齢に伴う老視は避けられない

・保険適応ではないので、費用が高い

・一度行うと元に戻すことは不可能

レーシックとは?

視力を矯正する手術、レーシック手術が最近知られてきました。

お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜さんもレーシックで視力回復したとの報告をブログに書いており、若い人も興味を持っている人は多いと思います。

しかし、東京都内の眼科病院でレーシック手術を受けた患者に角膜炎の集団感染が起こったという事件もあり、本当に安全なのかという疑問もわきます。

手術が失敗したら失明する?何年か経ってから後遺症が出る?といった不安があります。

今までレーシック手術を受けて失明した人はいません。

2008年には年間40万人程度が手術を受けているらしいので、失明に関しては安全性が高いと思われます。

ただ後遺症に関しては、乱視やドライアイなどあるらしいので、注意が必要です。

レーシックしたら白内障手術できない?

最近ブームのレーシック手術ですが、身内や知人に施術した人がいると、羨ましく思う。
この眼鏡やコンタクトレンズから解放されると思うと、自分もやってみようかなーと思ったりする。
コンタクトレンズ代もバカにならないし。

しかし視力回復というメリットだけでなく、合併症や後遺症などのデメリットもあるわけで躊躇します。

レーシック術後の白内障で困るのは、近視矯正により角膜の形がかなり変化しているので、通常の角膜曲率と眼軸長のデーターで眼内レンズの度数を予測すると、大幅に遠視化することです。眼科医のつぶやき 第842回 レーシック術後の白内障手術|ドクターKAZUのブログ

レーシック術後の白内障手術というのは難しいらしい。

個人的には、レーシックよりも白内障の手術のほうが大切だと思うので、レーシックは控えようと思う。
ただ目にメスを入れるのが怖いだけですが。

レーシックしても角膜移植できる?

レーシック手術は、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術です。

レーシック手術を受けた患者さんの、手術から9年後の角膜内面の細胞は減少していなかったことから、レーシックは長期的にも安全と言われています。

このことから、手術を受けた角膜を後に提供組織として表層角膜移植に使用できることが示されました。

スポンサーリンク

コメント

  1.   最近思うのですが、芸能人は本当にレーシック受けてるのか疑問です。
     3年ほどレーシックの動向みてますがサクラをつかった体験談や印象の 悪いサイトの隔離(どうやってるのかしりませんが)などが横行してる業界 みたいです。                                        それに芸能人受けすぎでしょう、こんな危険でどうなるかわからない手術を成功してる芸能人がホイホイうけますかね。。
      芸能人は企業の広告塔としての職業の一面があることも忘れないほうがいいですね。 
     という自分もレーシックしようか迷ってるんですけど(笑

    匿名:2012/1/25

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク