2019年2月20日更新.3,370記事.5,924,009文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

サリグレンを飲んで耳が痛い?

スポンサーリンク


サリグレンで耳痛?

サリグレン(セビメリン塩酸塩)は、口腔乾燥症に使われる、唾液の分泌を促す薬です。

同じ成分でエボザックという薬もある。
どっちがメジャーなのだろうか。あまり処方されないのでわからない。

このサリグレン/エボザックに耳痛という副作用があるらしい。
副作用を調べても、頭痛はありますが、耳痛の記載は見当たらない。

しかし、唾液分泌過多になると、耳の周囲が痛むことがあります。

同効薬のサラジェン(ピロカルピン塩酸塩)には、「耳痛,中耳炎,難聴,耳鳴」という副作用の記載がある。

唾液と耳の痛みを連想しないことがあるので注意です。

サリグレン/エボザック(セビメリン塩酸塩)の特徴は?

唾液腺細胞のムスカリン性アセチルコリン受容体に作用。

アセチルコリン類似化合物。

スポンサーリンク

ジゴキシン継続服用中で血中濃度が2.1ng/mL 対応は?

IMG_0670
薬剤師

心房細動治療でジゴキシンを継続服用中の70歳の患者。
eGFR70mL/min/1.73m2。朝7時に0.125mgを内服し、外来受診時10時に採血。徐脈・副作用所見なし。ジゴキシンの血中濃度が2.1ng/mLであった。適切な対応はどれか。
A. 治療域が0.5-2.0ng/mLで副作用所見がないので経過観察
B. 治療域が0.5-2.0ng/mLなので減量する
C. 治療域が0.5-1.5ng/mLなので減量する
D. 採血がピーク付近なので採血し直す
E. 検体の再検を依頼する

先生

答えは↓

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事(月間)


リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

SNS

検索


スポンサーリンク