更新日:2016年12月21日.全記事数:3,169件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

統合失調症患者はあっちむいてホイができない?


スポンサーリンク

あっちむいてホイ

指と反対向く「あっちむいてホイ」脳の働き解明 科学 YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 ジャンケンの「あっちむいてホイ」のように、視覚で得た刺激と反対の行動をとるには、脳の深部(間脳)にある視床からの命令が不可欠であることを、北海道大医学研究科の田中真樹准教授らの研究グループが突き止めた。
 成果は、7日付の米科学誌「ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス」に掲載された。
 視覚から得た情報を瞬時に判断して、それに従わない逆の行動は衝動性眼球運動と呼ばれる。パーキンソン病や統合失調症などの病気になると、この運動がうまくできなくなることがあるが、脳内のメカニズムはわかっていなかった。
 研究グループでは、訓練したサルを使って、ターゲットの動きに視線がそのまま反応してしまう場合と、ターゲットの反対側を向く場合を実験。その結果、反対側を向く場合の方が、視床からの電気信号が増大していることを確認した。
 また、麻酔で視床の一部を働かなくすると、ターゲットに反応する確率が高くなり、視床からの信号が、衝動性眼球運動に必要なことが裏付けられたという。
 田中准教授は「統合失調症などの精神神経疾患の病態を解明するための手がかりが得られた」と話している。

自分もあっちむいてホイは苦手です。

統合失調症ではないけれど。ないと思うけれど。

あっちむいてホイで訓練すれば視床を鍛えることができるのでしょうか。

そして、統合失調症やパーキンソン病が治るなんて・・・ことはないか。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク