更新日:2016年12月21日.全記事数:3,169件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

緑内障には気づかない?


スポンサーリンク

緑内障になるとどう見える?

目の病気、ってのは健常者にはなかなかイメージしづらい。
見えて当たり前、という感覚なので。

私は近視なので、「見えにくい」という状態はわかる。
白内障はなんとなくわかりますね。
眼鏡が曇ったような状態かな。

目を閉じれば、「失明」の状態も体験することはできる。

しかし、緑内障の「視野が欠ける」という見え方や、加齢黄斑変性の「曲がって見える」という患者の訴えは想像しづらく、共感しにくい。

【眼科検診のすすめ】 – kojikoji☆のひとり言 – Yahoo!ブログ
見え方のイメージの想像がついたので、参考に。

緑内障の方が、上のほうが見えにくくて頭をよくぶつけると言っていた。

視野欠損

緑内障では視野が欠けたり、視野が狭くなっていったりしますが、その症状に気づく人は少ないです。
中心の視野が欠ければさすがに気づきますが、はじめは中心を避けるように、鼻側や上の方から少しずつ欠けてくるので、無意識に良い方の眼で補ったり、顔や眼を動かして見るため、なかなか気づきません。
多少気づいたとしても、疲れや老眼のせい、と思ってしまいます。

緑内障の治療は眼圧を下げること

緑内障の治療の方法は、病型や重症度によって大きく異なるが、治療の目標は視野障害の進行を防止し、個人にとって十分な見え方(quality of vision:QOV)を確保することである。

わが国における緑内障臨床は、この10年間で大きく変わった。

緑内障疫学調査(多治見スタディー)で、緑内障の大半が、正常眼圧緑内障(NTG)であることが明らかになり、治療対象が眼圧の高い緑内障だった以前とは、様相が異なってきたからである。

一方、緑内障治療の大枠は最近10年間で大きく変わっておらず、「眼圧を下げること」に尽きる。

視神経を直接的に救済できる手段がないからである。

緑内障の眼圧を下げる際、まず視野障害の重症度などを勘案し、目標とする眼圧レンジ(目標眼圧)を設定する。

その考え方については10年以上前から提案されていた。

しかし、わが国で標準的方法としての位置を確立したのは、2003年に発表された「緑内障診療ガイドライン」がきっかけとなった。

さらに、最近では「より低い眼圧」を目標に設定することが多くなった。

NTGが治療対象の大半を占めることに加え、高齢化社会の中で長期的なQOVの維持が求められており、視野障害が悪化するリスクを最小化するには、より低い眼圧を目指すことが求められるからである。

より低い眼圧は、一時的に達成されればいいわけではない。

慢性疾患である緑内障では、治療の中断が失明の大きな要因で、低い眼圧の維持が重要である。

しかし、これには患者側が治療に積極的に向き合うこと(アドヒアランス)も求められ、治療における利便性への配慮や緑内障に関する諸情報の提供など、医療者側からのアプローチも欠かせない。

参考書籍:日経DI2012.11

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク