2018年4月7日土曜更新.3,267記事.5,316,431文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

痔は手術しないと治らない?

スポンサーリンク


痔主?

日本人のうち3人に1人は「痔」を患っている「痔主」といわれています。

痔はそもそも生活習慣から来ている生活習慣病とも言えます。

長時間のデスクワークや、車を運転するタクシードライバーや運送業、立ちっぱなしの接客業など、仕事と関連する生活習慣のため断ち切ることも難しいです。

そのため、痔を完治させるには手術しかありません。

しかし、痔で死ぬことは無いので、日常生活に支障をきたすほどでも無ければ手術をすすめる医師はいないでしょう。

それに手術したとしても、生活習慣は変わらないので再発する可能性も高いです。

結局は死ぬまで付き合っていく病気なのでしょう。

痔核

痔の中で最も患者が多いのは痔核。

痔核は、直腸肛門部の静脈叢がうっ血して静脈が拡張したり、肛門の閉鎖に関わる多数の血管や平滑筋、結合織などからなるクッション部分が膨張したものと考えられている。

排便時のいきみなどで、クッション部分の支持組織が弱まり膨張するとされている。

初期は、痛みがなく出血だけのことが多く、薬による治療が中心となる。

しかし、進行して痔核が肛門外へ脱出(脱肛)して、指で押さないと戻らない状態になると手術の適応となる。

他に、肛門皮下の静脈がうっ血して血栓や血腫ができる血栓性外痔核がある。

スポーツなどでいきんだ際に、急激に発生することがあり、一般に強い痛みを生じる。

裂肛

裂肛(いわゆる切れ痔)は、固い便が通過する際に肛門の出口付近が切れて起こる裂傷だ。

排便時にキリキリとした痛みがあり、痛みが排便後も続くことがある。

初めは一過性で、痔治療薬の使用や緩下剤によって便秘を改善することで軽快治癒する。

しかし、慢性化すると傷口の炎症が広がり肛門潰瘍ができて肛門狭窄が起こることがあり、そうなると手術による治療が必要となる。

肛門ポリープや肛門の出口近くにイボ(見張りイボ)ができることもある。

痔ろう

最も危険なのは、肛門周囲膿瘍と痔ろうだ。

直腸と肛門の境目にある歯状線部の小さなくぼみ(肛門小窩)から細菌が侵入して起こる。

化膿して膿がたまった状態を肛門周囲膿瘍といい、自然に破れたり切開によって管になったのが痔ろうだ。

膿みが大量にたまって発熱を伴うこともある。

化膿を繰り返すうちに複雑化したり、まれに癌化することもあるため、手術による早めの治療が求められる。

参考書籍:日経DI2012.1

外痔核と内痔核

痔核の症状は出現部位によって異なる。

外痔核の場合には、患部の疼痛が主な症状で出血する例は少ない。

外痔核とは、肛門縁から2cmほど上方にある歯状線(肛門管内における皮膚と粘膜の境目)よりも体表側に出現した痔核をいう。

一方、歯状線よりも内側に出現した痔核を内痔核と呼ぶ。

内痔核の主な初期症状は、排便時や排便後の出血であり、疼痛を伴うことは少ない。

外痔核の治療

外痔核の治療では、軟膏剤もしくは坐剤を使った保存療法が中心となる。

痔の患者に使用される軟膏剤は、副腎皮質ステロイドを含有するか、鎮痛・麻酔作用のある薬剤を含有するかなどで分類できる。

外痔核では、多くの場合、軟膏剤を数日間塗布することで痛みが消失する。

痔核自体はしばらく残存するが、一般的には数週間で自然に消退する。

外痔核で手術が必要となるのは、内痔核の悪化による続発性の外痔核(内外痔核)や、巨大な外痔核が出現した場合など、ごく一部に限られている。

内痔核の治療

内痔核でも、常時痔核が肛門から脱出しているような重症例以外では、手術を適用せずに坐剤などを使用した保存療法を選択するケースが増えている。

特に内痔核の保存療法では、痔核の刺激を減らすための生活指導が重要であり、具体的には

・食事や生活習慣を改善して便秘や下痢を予防する
・同じ姿勢で長時間座ることを避ける
・患部を清潔に保つ
・痔核のうっ血を防ぐためアルコール摂取を控える

などがポイントとなる。

重いものを持たない

腹圧を高めることが痔核を悪化させる原因になるので、特に治療中は、排便時に強く息むことを避け、できるだけ重いものを持たないように指導する。

参考書籍:日経DI2000.4

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

タグ

治療薬一覧 調剤関連資料