更新日:2016年12月21日.全記事数:3,096件.今日の勉強

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ニトログリセリンで頭痛?


スポンサードリンク

硝酸薬と頭痛

硝酸薬は、冠血管のみならず頭蓋内血管も拡張するため約20%の頻度で頭痛が起きます。

これは薬理作用による副作用で、常にあらわれる可能性があるので、初回投与時には「頭が痛くなっても7~10日間程度でなくなるので服用を続ける」ことを患者さんに伝える必要があります。

剤形に限らず共通する副作用は、頭痛のほか血圧低下、めまい、顔面紅潮などがあります。

ニトログリセリンはダイナマイトの原料?

狭心症の治療に使うニトログリセリンですが、ダイナマイトの原料としても有名です。

よく爆発するのではと心配される方がいると思いますが、 含有量が少ないので、火の中に入れても爆発することはありません。

ニトログリセリンは甘い?

その昔、山の中のダイナマイト作業の現場に寝泊りしていた人たちが、甘味のあるニトログリセリンを酒のつまみにしていたという話。

本当か嘘かわかりませんが。
戦後の食糧難の時代には甘味料として使用され、多くの中毒者を出したという話も。

現在ニトログリセリンが甘味料として使われることはありませんが、グリセリンは甘味料として使われます。
グリセリンは、ギリシャ語のγλυκυς(glykys、甘い)にちなんで名づけられました。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

お気に入りリンク集
お気に入り書籍
添付文書を調べる(PMDA)

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク