更新日:2015年10月22日.全記事数:3,168件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

イレッサ服用中グレープフルーツを食べちゃダメ?


スポンサーリンク

イレッサとグレープフルーツ

グレープフルーツには、苦味の成分であるフラノクマリン誘導体が多く含まれています。
それがイレッサ錠を体内に長くとどまらせる効果があるため、薬の作用が強く出たり、副作用などが起こったりすることがあります。
イレッサ錠を服用中の患者さんは、「グレープフルーツ」や「フラノクマリン誘導体を含む果実」の摂取を避けてください。
・フラノクマリンを含むもの
グレープフルーツ、ダイダイ(サワーオレンジ)、スウィーティー、文旦(ザボン)、夏みかん、はっさく、甘夏
・フラノクマリンを含まないもの
温州みかん、すだち、デコポン、いよかん、バレンシアオレンジ、レモン、かぼす、ゆず

フラノクマリン

グレープフルーツはフラノクマリンを多く含んでおり、これがCYP3A4を阻害することでゲフィチニブの血中濃度を上昇させる。
ゲフィチニブとグレープフルーツの相互作用については、同時服用の場合に限らず、長時間にわたり影響が持続することが確認されているため、患者にはグレープフルーツを摂取しないよう指導する必要がある。
ただし、柑橘類にはフラノクマリンをほとんど含んでいないものも存在するため、混乱を招かないよう説明し、理解を得る必要がある。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク