更新日:2017年4月24日.全記事数:3,118件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ステロイド点鼻薬は1年に1か月まで?


スポンサードリンク

1年に1か月まで?

OTCのステロイド点鼻薬には、

「1年間に1ヵ月間を超えて使用しないでください。」

という注意書きが記載されている。

花粉の飛散期間が2月から5月までとしても、1か月しか使えないというのは心もとない。

それ以上漫然と使用する場合は、医師の診察を仰いでください、ということだろう。

Q.1年間に1ヵ月間以上使用できないのはなぜですか?1ヵ月使ってまだ症状がおさまらないときはどうしたらよいですか?
A.ナザールAR<季節性アレルギー専用>は、季節性アレルギー専用の点鼻薬です。漫然と長期に使用されることを防ぐため、安全性を考慮し、「1年間に1ヵ月間以内」の使用期間の制限を設けています。1年間に1ヵ月間使用後は、ステロイド成分を含有しない点鼻薬をお使いいただくか、引き続きステロイド点鼻薬を使用したい場合には医師にご相談ください。

Q.1年間に1ヵ月間しか使用できないのはなぜですか?
A.医師の関与がないので、漫然と使用されないよう、安全性を考慮して、使用期間を1年間に1ヵ月間以内と設定しています。ナザールARに関するQ&A|ナザールAR(花粉症・アレルギー性鼻炎薬)

ナザールARは1本で3週間分程度使えるらしい。
ということは、1回に2本も3本も購入する人には注意が必要。もう第2類医薬品なので、勝手に購入できますが。

使っちゃいけない人に、「全身の真菌症,結核性疾患,高血圧,糖尿病,反復性鼻出血,ぜんそく,緑内障,感染症の診断を受けた人」「妊婦」「18歳未満」など厳しい制約もあります。
使用間隔は3時間以上おく、など細かい指示もあります。

個人的には、ステロイド点鼻薬の安全性は高いものだと思っているし、長期連用に注意すべきはナファゾリン塩酸塩などの血管収縮薬配合の点鼻薬のほうだろう。

OTCのステロイド点鼻薬?

OTCでステロイドの点鼻薬ってあるのかなあ、と思ったらあった。

厚生労働省の薬事・食品衛生審議会一般用医薬品部会は8月23日、佐藤製薬のステロイド剤ベクロメタゾンプロピオン酸エステルを有効成分とした点鼻薬のスイッチ化(医療用医薬品からの転用)を了承した。正式承認されれば、一般用医薬品では初のステロイド単剤の点鼻薬となる。ステロイド剤を配合した一般用医薬品としては、ジョンソン・エンド・ジョンソンのコールタイジン点鼻液がすでに発売済み。
販売名は、「ストナ点鼻薬」「ナザールAR」「コンタックベクロコート」「コンタックベクロガード」「コンタック鼻炎スプレー」「ベクロコート」で、すべて季節性アレルギー専用。
用法・用量は、ステロイド剤の安全性を考慮して、1回の噴霧量と、1日の最大使用回数を医療用の半分とした。また、1年間に1か月間を超えて使用しないこととしている。1か月間を超えて使用する場合には、医療機関を受診し、医療用の処方を受ける必要がある。
このほか、佐藤製薬の急性鼻炎などの治療に用いる「ナシビンMスプレー」(オキシメタゾリン塩酸塩)と、興和の花粉やハウスダストなどによる目のアレルギー症状の緩和に用いる「アイフリーコーワAL」「アルギアイコーワ」(アシタザノラスト水和物)のスイッチ化も了承した。一般用医薬品で初のステロイド単剤の点鼻薬を承認へ(医療介護CBニュース) – goo ニュース

ベクロメタゾンなので、アルデシンとかリノコートと同じ成分ですね。

1回の噴霧量と、1日の最大使用回数を医療用の半分、ってことは、1回25μgで1日2回ですか。

効くかな。

しかも1か月以上使っちゃダメなんですね。

もし、120回分使える製剤だとしたら、1日4噴霧として、1本で30日分。

1回で1本しか買えないのかな。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

お気に入りリンク

添付文書(PMDA)
Mindsガイドラインライブラリ
健康食品の安全性・有効性情報
管理薬剤師.com
DIオンライン